FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

木登り

園庭では電車ごっこ、山の方では木登りをしていました。自然と触れ合いながら全身を使って楽しめる遊びです。達成感も最高です。
順番に登り終えたら、降りは木の柱からするすると降りてきます。
時には先生が応援します。
「わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい」昔聞いた懐かしい言葉が浮かびます。
「わんぱく」「いたずら」そうした言葉が今では「負」のイメージになりつつあります。子どもは本来は知的好奇心が旺盛だかから、わんぱくでありいたずら(自分で試してみようとする力)です。でもそういう子どもの方が学力は伸びるし年相応に落ち着いてきます。大人から見て良い子や行儀が良すぎる子どもはかえって心配です。

園でしつけばかり求めすぎると子どもは大人(親や先生)の顔色を伺いながら育ちます。自立や自律また自発性が育ちません。親はその時はそうした子どもの姿を見て満足します。特に2,3歳はやんちゃで手を焼いている第1次反抗期を迎えているだけに「さすがに幼稚園に入れて、お行儀がよくなったわ」
でも青少年期以降で自立できないことが社会問題になっています。
自立や自律できる子はマナーや立ち振る舞いも自分で考え相手の立場や状況を考えるので、きちんと出来ます。

「子どもが子どもらしく育って欲しい」私のいつもの願いです。

20071127220510.jpg


20071127220529.jpg


20071127220550.jpg


20071127220610.jpg

  1. 2007/11/27(火) 22:06:54|
  2. 幼児が学ぶ大切なもの~事例から~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<全園児による合唱 | ホーム | 電車ごっこ~その2~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/99-777a9849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)