FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

水路を楽しむ~かしこさってなあに?~

今週末は暖かな日が続き、秋色真っ盛りの園庭で秋の木の実を使ってごっこ遊びを楽しんだり、新しく作ったうさぎ小屋の余った木材で工夫したり、年長組になると友達と遊ぶのが楽しいらしく、職員は見守ることが多いようです。
そんなひと時の中で川の水を引き込んで自分達で水路を作りながら遊びを発展していきました。

*川・・平成15年に設置。自然体験を目的に自分達で考えて遊べ、水(流れ)を五感で感じ、思いっきり泥遊びも楽しめるおかあさん泣かせのでも子どもには楽しい遊具。地下64メートルの井戸を掘り、安全上滅菌器を通して流す。縦貫式ではなく流しっぱなし。人気がある遊び場。

DSC00753水路2

DSC00750水路3

DSC00748水路1

川の水を流し始めて、早速男の子達が川の水を地面に流し、自分達で水路を作り始めました。川の途中に大工さんからもらった木片を使ってせき止めたり、橋を架けたり、遊びがどんどん展開して行きます。友達が仲間に入ったりして会話が弾みます。自分の考えや相手の話を聞いて折り合いをつけたりする経験も学べます。

最近日本の子ども達の学力低下がOECDの調査で明らかになってきていますが、そういう議論になると、幼児期からすぐに促成栽培的な目に見える形のものばかりを考えたり一方的に教えようとします。運動能力が弱いといわれるとすぐに何か技術的なことのやり方(運動)を教えようとすることと同じです。確かに見た目ですぐにわかるので、保護者の満足感にもつながります。でも.長い目で見ると効果的かどうかははなはだ疑問です。現代はご承知のようにパソコンが普及し、知識のみを暗記したりその量の多さを学力と考えるよりも、知識をどう選択、使いこなしていくかほうが大事ですし、それが本来の学力だと思います。それには幼児期に自ら色々な事を体験し、自ら考えたり学んでいくことが知的好奇心(かしこさ)を育てる観点からも大切です。

子どもたちの活動を単に大人の目から見て失敗と短絡的に評価するのではなく、そもそもそうした評価自体はナンセンスですが、良い経験としてとらえ、何故上手くできなかったかを気づかせてあげたり次にする時により上手くできるような学びをできるようにすることで、次につながっていきます。それが学びであり「かしこさ」だと思います。

幼児は本来は色々なことに興味があり自分で試したりやってみたいという好奇心を備えています。時として大人から見て負のイメージがある「いたずら」と称されてしまいますが、実は大事な学びです。

この川から自分達で水路を作り、どんどんつなげていく活動を見ていると、本当に子ども達の凄みを感じ、良く考えていくなと感心してしまいます。そこにはどうして作れば上手くいくかといった学び(かしこさ)から友達達同士の気持ちのやり取り(人間関係)、言葉のやり取り(言語関係)やまた助け合いや皆で作った満足感、心の開放感等色々なことが凝縮されています。濃い時間であり幼稚園ならではの学びです。

「園長、こんな当たり前のこと、昔は誰もがやっていたから、いまさら」とお読みになった方は思われるかもしれません。でも実際の社会を見ていると、群れ(友達同士)で学べる学びを大人が軽視していることに気づきます。前述した「かしこさ」とも関連することです。学力低下のひとつの要因でもあります。

「こども時代にしかできないことや学べないことを、子どもに経験させてあげる環境を整えることは社会(大人)の責任ではないか」今の日本の幼児教育の実態を考えながら、時にはこのブログでメッセージをおくるのがこういう仕事に関わる者の責務ではとつい考えてしまいます。

  1. 2009/10/31(土) 13:36:59|
  2. 幼児が学ぶ大切なもの~事例から~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自称名人3人と玩具問屋兼駄菓子屋へ~城南オータムフェスタ2009~ | ホーム | 10月誕生会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/799-99c8728d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)