FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

砂場のうえの藤の花が満開です。砂場から見上げるととてもきれいです。椿、桜、藤、つつじと園庭の花が春を楽しませてくれます。

昨日は午後から千葉明徳短期大学保育創造学科の1年生10名が教育実習のオリエンテーションに来園しました。1ヶ月に1回、授業の一環として実際のクラスに入り、保育現場の様子を体験しながら、「幼稚園の教育」について11月まで学んでいきます。受け入れはじめて、もう6年目ぐらいになります。オリエンテーションをしながら、学生達も皆真剣に聞いてくれていて、とても好感がもてました。先が楽しみです。子どもにとって魅力的な保育者になるためには「人間として魅力ある人間になるための努力」「幅広い教養やセンスを身につけて欲しい、例えば映画を見る、本を読む、演劇を見る、コンサートに行く」「人を好きになる、笑うことは大切」「五感を使って季節感を知る」「時には子どもの声に謙虚に耳を傾ける」「子どもの姿を通して学ぶ姿勢」といったことを主に話しましたが、自戒したいと思います。

見送った後、船橋で行なわれた県の私立幼稚園連合会の広報委員の打ち合わせに行きました。6名の委員が市原、船橋、松戸、四街道から集まるため船橋が一番利便性がよいようです。皆昼間は園があり、当然のことながら忙しいので、夜遅くに集まり会議室も9時ごろで終わるので夕食をとりがてら続きをします。
普段はメーリングリストで打ち合わせをしています。メールは確かに仕事上は便利で書類や写真も添付できるので、私自身の個人的な研究会から幼稚園に係わる色々な委員まで複数していますが、すべてメーリングリストで連絡をとりあっています。最近は公的な書類もようやくメール添付で送信されてくるようになりました。ただ私自身礼状や改まったものについてはいまだにメールではなく手紙を積極的に利用しています。
悪筆でありながら、堂々と肉筆で書いています。季節感のある便箋や絵葉書を選ぶ楽しさも手紙ならでは良さです。郵便切手も最近は色々な種類があり、絵柄も季節感あるものから漫画や郷愁を誘うものまで様々です。
メールや携帯が全盛なだけに、手紙の趣も捨てがたいものがあります。

話は変わりますが、新入園児も先日の日曜日の入園式から1週間の園生活を終えました。この2日間で、ゆっくり休んでくださいね。はじめての環境を体験した子どもたちは見た目以上に疲れている場合があります。疲れがのこったままですと、園に行くのを渋る原因のひとつになりかねません。来週からは天気がよければ、外遊びも本格的にはじまります。一緒に楽しみたいと思います。

DSC06999藤


  1. 2009/04/18(土) 23:58:42|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<若葉 | ホーム | 工夫>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/629-075c88eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)