FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

音楽劇~テーマを話し合う~

先週ぐらいから2 月28 日(土)の音楽劇に向けて各クラスごとに話し合いが始まりました。
子ども達から自分達が演じてみたいテーマを最初に色々話し合いながら、テーマが絞られていくようです。自分の考えを話したり相手の話を聞きながら、クラス皆でテーマをみつけ、それについて本や図鑑でしらべたり場合によってはどこかに出かけていくこともあるかもしれません。

担任の先生はそのテーマについて自分なりに色々と詳細に調べてのぞまないと、子ども達の思いとそのテーマの方向性がだんだんずれてしまいます。そのテーマから何を表現しあらすじを作り伝えるのかを子どもと一緒に考えるうえでとても大事なことです。
またかなり専門的に調べないと、子ども達の話し合いの中から引き出せるものがまったく違ってきます。

色々な意見や考えが出る中でどのように話を展開しわかりやすくなおかつ深みを持たせるか。場面にあわせての曲作り等課題はこれからまだたくさんあります。

私が園長になり、こうした形で劇をするのは今年で4回目です。昨年ぐらいから手応えを感じています。
何故こうしたねらいの劇をするように考えた要因のひとつに、幼稚園の劇を色々見る中で、よく見られる昔話や名作のあらすじを使い、きらびやかな衣装をまとい、一糸乱れぬ遊戯をしたりまた自由な表現活動と称しながら先生の意図する枠の中でしか許されない表現活動をした劇から学べる保育のねらいについていささか疑問がありました。観客(保護者)はそうした表現が良いと疑いもなく満足している話を聞くと、親の満足感はともかく、はたしてそれが子どもにとって本当に満足しながら演じ、楽しみながら学べているのだろうかという疑問がありました。演じる子ども達の表情や様子を見ていても違和感が残りました。
人に見せるための劇作りでなく子ども達が自ら劇の過程で色々学んでいく力をつけることがもっと大事ではないかという思いがありました。

写真は昨日の年長2クラスの話し合いの様子です。
テーマについて少し掘り下げて話し合っているようです。

青組
DSC05894青

緑組
DSC05891緑
  1. 2009/01/27(火) 18:01:10|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イメージをつかむ | ホーム | 江戸情緒を楽しむ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/555-b3dba652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)