fc2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

体重計

身体測定の時に使っていたバネばかり式の体重計ですが、部品が壊れ、メーカーに問い合わせてたところ、修理は不可能とのことでした。
今はデジタル体重計が主流ですが、台の上に静かに乗り、針が示す先の数字が自分の体重を示めしている原理を知ることができます。自分(身体)が動いていると針も揺れ動き、測定できないことを知り、静止して初めて測定することを知ることができるしくみが魅力でした。

確かにデジタルのほうが精度は良いですし、ばね式は使用すればするほど、精度は落ちるかもしれません。
幼児期の身体測定の場合は精度もさることながら、前述した学びに加えて着脱の様子やたたみ方などからもそれぞれの子どもの一面や育ちが見えてくる場合があります。そうしたことも子どもを理解するうえでのヒントにつながります。
同じタイプの体重計を探したのですが、残念ながら見当たりませんでした。

なんでもスマートに効率よく無駄なくすることは、今の多忙な時代には必要なことかもしれません。今はデジタル機器で一瞬にして体重と身長を測れることもできるようです。
でも・・。デジタルの効用は認めますが、幼児教育ではアナログの真意が必要なこともあります。その見極めも保育者にとっては大切です。単にデジタルに弱い昭和世代のひがみと言われればそれまでですが。
時代とともに進まない(進めない)、時代に乗り遅れる園長の独り言(繰り言)。昭和の郷愁に浸ります。

DSC_3318_20231221191937400.jpg

DSC_3320_20231221192840515.jpg

こちらのアナログ式の体重計を活用することになりそうです。
DSC_3323_20231221191940770.jpg

DSC_3328_20231221192843a6e.jpg
  1. 2023/12/21(木) 19:28:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬至 | ホーム | 第3学期終業の日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/5237-2a45969f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)