FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

続・遊具指導

昨日、今日の2日間は天気にも恵まれ、遊具指導を行いました。時折春風が園庭を通りぬけ、木々も若葉をつけはじめ春の息吹を感じます。
春爛漫の中、園児達が楽しそうに遊ぶ姿を見守る時間は幸せなひと時です。
もちろん新入園児の中には緊張感がある子どもたちもいますし、登園の際に母親と別れる悲しみを見せる子どもさんもいます。
でも常々話すように「時間」が全てを解決してくれます。お母さんが心配な様子(態度)を見せると、子どもさんは母親のそうした気持ちを察して、私が幼稚園に行くとおかあさんが心配してしまうので、大好きなおかあさんをかなしませたくないので行きたくないという気持ちを持ち、行くのを渋る子どもさんもいます。
そういう時はおかあさんは、我が子に私に心配しないでいってらっしゃいとどっしりと構えるぐらいの気持ちで、背中を押してあげましょう。そういう態度でいると、子どもさんも安心して幼稚園に行く気持ちを持てると思います。
子どもさんは実は見ていないようで、口に出さなくても親の姿や気持ちを見ているものです。
また入園当初は保護者(母親)と別れるのを嫌がって泣く子どもさんもいますが、心配する必要はありません。大好きな人と別れるが嫌だから泣くのです。むしろ親子の愛情の深さや子どもさんがこうした状況を理解していると前向きな気持ちで受け止めてあげるとよろしいかと思います。もちろんだからと言って泣いていない園児がどうこうということではありませんので、くれぐれも誤解しないようにしてください。
先ほどはお話ししたように、これも時間が解決してくれます。

他の子どもさんと比較したり、自分(育児)を責めたりする必要はありません。どうぞ自信を持ってください。ご心配や不安なことがあれば園はいつでもお話をお伺いできるようにしています。臨床心理士の資格を持つスクールカウンセラーも委託しています。
SNSで色々な情報が入ったり少子化等で母親同士の交流が希薄になったり、また昨今のコロナウイルス感染状況拡大防止対策の中で母親同士が集う機会が減少してどうしても孤立しがちになり、自分の悩みを相談できにくい世の中になってきています。
育児書どおりにできる完璧な親はいないと思います。皆さん誰もが悩みながら、でも子どもを愛し信じて育てていると思います。
そうした保護者の皆さんの気持ちに共感し時には寄り添える園であり続けていきたいと思います。
いつでもご遠慮なくお越しください。
来週まで遊具指導が続きます。

午前保育(昼食なし)日課なので、登降園別コースごとのグループで遊具指導を行っています。
4月15日(木)の様子
DSC_0351.jpg

DSC_0356.jpg

DSC_0363.jpg

DSC_0365.jpg

DSC_0367.jpg

DSC_0359.jpg

DSC_0362.jpg

DSC_0370.jpg
  1. 2021/04/16(金) 19:05:40|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続々・遊具指導 | ホーム | トイレ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/4397-27af5c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)