FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

続・節分

2月2日の節分はいまも子ども達の心の中に、思い出として残っているようです。ある女児が「太郎が、私の近くまで来て怖くて、怖くて」私に節分の様子を話す子どもがいたので、「それは可哀そうに、怖かったね。太郎に郵便ごっこの手紙で、来年は幼稚園に来ないでねと書いたら」と話したり、ある子どもは、「なんで、僕たちを泣かすのだろう」と聞いたので、「本当だね、ひどいね。でも鬼だから」と共感したりしました。子ども達のそうした声を聞くにつけ、いつか鬼ヶ島太郎の心の闇をのぞいてみたいと思う今日この頃です。

写真は節分当日の園児達とスタッフ達が鬼達を追い払った様子です。私は欠勤したので、K先生が撮影してくれました。

いつの間にか、佐倉城南幼稚園が鬼ヶ島太郎以下5匹の鬼に乗っ取られ、鬼ヶ島幼稚園に変わりました。
鬼ヶ島幼稚園の園章があちらこちらに飾られています。
DSC_0191 (800x533) (2)

DSC_0373 (800x533)

DSC_0374 (800x533)

幼稚園も鬼バスに変わりました。天井には虎の皮が張られます。
大バス
DSC_0365 (800x533)

DSC_0367 (800x533)

2525号(にこにこ号)
DSC_0364 (800x533)

DSC_0379 (800x533)

DSC_0193 (800x533)

園では鬼達が出迎えだ。言うことを聞かない子ども達には、棍棒でお尻を叩かれる。スパルタ幼稚園に変身だ。
DSC_0205 (800x533)

DSC_0194 (800x533)

DSC_0211 (800x533)

DSC_0208 (905x1280)

DSC_0219 (800x533)

子ども達の願いもむなしく、太郎はこの檄文を見て、「生意気な小僧どもめ、でも今日から俺様が園長だと」大笑いしていたようです。
DSC_0216 (800x533)

乗っ取られた幼稚園を取り戻そうとして、城南幼稚園の先生達が遊戯室で鬼達に戦いを挑みます。園児達も応援します。
DSC_0226 (800x533)

DSC_0229 (800x533)

太郎が鬼ヶ島幼稚園になったことを改めて宣言します。「きょうから、みんなは城南幼稚園ではなく鬼ヶ島幼稚園の子ども達だ」
DSC_0232 (800x533)

先生達が豆を投げて戦います。
DSC_0243 (800x533)

DSC_0245 (800x533)

DSC_0246 (800x533)

DSC_0247 (800x533) (2)

鬼ダルの持っていた長縄で捕まりそうになるが、切り抜けました。
DSC_0249 (800x533)

DSC_0251 (800x533)

DSC_0250 (800x533)

DSC_0253 (800x533)

太郎がどこからか机を持ち出して、投げる豆を避けようとしますが。
DSC_0254 (800x533)

DSC_0255 (800x533)

なかなかうまくいきません。
DSC_0256 (800x533)

最後のとどめは、副園長のK先生自らが、常日頃の仕事から家庭、いや新婚生活から銀婚式を過ぎて節分当日までの恨みやつらみ全てを豆に託して、太郎めがけて思いっきり渾身の力でぶつけました。
これにはさすがの太郎もなす術がありません。這う這うの体で一味とともに逃げていきました。
DSC_0257 (800x533)

DSC_0259 (800x533)

DSC_0260 (800x533)

でもこのまま引き下がるとは思えません。園庭で最後の戦いに挑んだようです。その顛末は改めてお伝えしよう。
  1. 2021/02/04(木) 18:05:04|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月誕生会 | ホーム | 兵どもが夢の跡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/4337-2079bf66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)