FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

節分を前に

今日で1月も終わり、明日からはいよいよ2月です。立春も間もなくです。2月と言えば「節分」です。園児達も「節分=幼稚園に鬼が来る」と思っている子ども達もいるようで、「鬼ダルはやさしいけど、太郎は怖かったなあ」と昨年の節分を覚えている子ども達もいるようです。
今年は新型コロナウイルス感染拡大を考慮して、保護者の皆さんはご遠慮いただき、スタッフと園児で節分にちなんで豆まきを行う予定です。
私はこういう時世だからこそ、鬼ヶ島太郎も人間界の大変さを考慮して来園しないと思っていましたが、風の噂によるとこういう困難な大変なときだからこそ、これ幸いと乗っ取りに例年にもまして全力投球で用意周到準備万端に4匹の子分の鬼たちを連れてやってくるという噂です。
なんて極悪非道なやさしさのかけらもない鬼だろう。個人的には怒り心頭です。本当に許せません。
しかも今年は保護者がいないことをこれ幸いと、子分の鬼たちに鬼一匹につき、園児を何人泣かすことと、それぞれ目標を立てているようです。今年はビデオ撮影して、後で総括するとのことです。
「子どもと鬼が最後は仲良くハイポーズ、ハッピーなんて、とんでもない虫唾がはしる」と相変わらず毛嫌いしているとの話です。
鬼は鬼らしく」が合言葉だそうです。

どうか子どもたちよ、頑張って欲しい。私は例年のように鬼が怖くて休みますが、自宅からエールをおくります。
園の裏庭に柊の木があるので、その葉も是非使って欲しい。
鬼ヶ島太郎が今年は例年にもまして全力で来るにはそれなりの理由があり、実は彼なりの深い哲学があるとの話だが(本当か怪しいものですが)、理由はどうであれ幼稚園や園児達にとっては災いでしかありません。鬼たちが例年以上に全力で来るという噂なので、今年は例年の2倍の投げ豆を用意しました。
頑張れ、子ども達。


DSC_0185 (800x533)
  1. 2021/01/31(日) 18:32:49|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<子育てし支援事業「のびのびすくすく」~節分~ | ホーム | あやとり>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2021/02/02(火) 10:08:35 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

Re: 節分当日

Mさん、今晩は。コメントをお寄せいただき、どうもありがとうございました。
子どもさんの節分に対する気持ちを教えていただき嬉しく思うとともに、揺れ動く心の様子を具体的に教えていただくことで、とても勉強にもなりました。感謝します。
子ども達一人ひとりが、それぞれに色々な思いを持ちながら、「節分」という行事に向き合っていることに改めて気づかされました。


また子どもさんを長い目で見て、温かく見守っていこうとするお気持ちがコメントから垣間見えてきます。子どもさんにとっては何よりの事と思います。
「節分」という行事の考え方はそれぞれの幼稚園や保育園によりやり方は色々ですし、良い悪いはありません。
本園の場合は、Mさんもすでにご承知のように、「節分」という行事を通して、長い目で子どもさん一人ひとりの成長を育んで欲しいと願っています。
そのためにあえて最初から鬼と仲良くして、怖くないよ、優しい鬼たちだよというコンセプトを使いません。
「鬼は邪悪な、災いをもたらすもの」という揺るぎないコンセプトで行っています。
最初から怖くないし、ハッピーではどうかなと。Mさんのコメントでも述べられているように、年齢を重ねるごとに成長して、どう立ち向かえるか、友達や先生と一緒又自分で頑張るという気持ちを育んで欲しいと願っています。

子どもが泣くと可哀そうだからといって最初から鬼を優しくすることは、ある意味子ども達に対して失礼です。大人の単なる子ども達への上から目線の優越感といったら言い過ぎでしょうか。
子どもを子ども扱いせず、ひとりの人格者として扱う意味でも、中途半端な優しさは必要はないと思います。

Mさんからいただいたコメントを拝読しながら、「節分」はそうした気持ちを持って、これからも運営したいと思います。
ちなみに今日の節分の様子はいかがでしたか。お話されましたか。
またお気づきのことなどありましたら、コメントをお待ちしています。
ご投稿をいただき、どうもありがとうございました。
  1. 2021/02/02(火) 22:50:15 |
  2. URL |
  3. 佐倉城南幼稚園・園長 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/4333-a0020e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)