FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

出張

今日(日付は昨日になってしまいましたが)は東京目黒区にある目黒幼稚園の見学に行きました。保育室を含め全てが八角形で作られていて、園児達が実際にその保育室でどのように過ごしているかを知りたくて見学をさせていただきました。

副園長先生達に園舎内を約1時間近くにわたりご案内していただきました。
色々勉強させていただきましたが、幼稚園によっては「大人からみた子どもはかわいい」という勝手な一方的な思い込みで壁面などもとかく子どもに媚を売るような甘ったるい色彩やイラストを描きがちですが、この幼稚園はそういうことはしない素敵なイラストや色彩を大事にしている園でした。室内の動線やホールの位置づけなど八角形の良さを上手く生かした室内環境のように思いました。

帰途、銀座の画廊で行われている木村鉄夫先生(立軌会所属・東京美術学校油絵科卒)の個展を見に行きました。木村氏は本園の設立の際に建物や保育室をはじめとした全ての色彩を監修しくださりまた今も正面玄関横にある色ガラスで作られた壁一面の絵やホールにある色ガラスで作った絵を描いてくださいました。また当法人の評議委員を歴任されて大変お世話になっている方です。
毎年個展のご案内をいただくのですが、なかなか時間が取れず今回久しぶりにお目にかかることが出来ました。

色々お話させていただく中で、子どもの絵の話に及んだとき「幼児の絵(造形)に上手下手はないし、まして特定の子どもだけ賞をあげ評価するのはおかしい。賞を上げるなら全員にあげ、それぞれの絵にあった賞を作れば良いと思う」と話されましたが、私もそのとおりだと思います。
毎年園宛てに佐倉市教育委員会主催の市内幼・小・中の絵画コンクールをはじめ色々な絵画コンクール参加のご案内をいただくのですが、以上の理由で園としての参加は遠慮しています。
そもそもそうしたコンクールは園から何点かしか出品できません。どの作品を選ぶのか、その問題ひとつとっても難しい問題です。幼児期の子どもがそれぞれの思いで描いた絵に優劣の判断はできません。

色々お話させていただく中で、いつも子どもの美術教育に温かな視線と気持ちを持ってくださり、たくさんのアドバイスも頂きました。ありがたいことです。

目黒幼稚園の外観です。とても規模の大きな幼稚園です。

P1030707建物1

室内にあった木製の滑り台です。すべてを階段にしないところにセンスを感じます。

P1030698滑り台



  1. 2008/09/30(火) 00:19:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鈴割 | ホーム | かまきり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/432-c3f1752b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)