FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

焼き芋

昨日は暖かな1日でした。なかなか天気や子ども達の活動との兼ね合いもあり、できなかった焼き芋をようやく楽しむことができました。
今年は初めてすくも(もみ殻)を農家の方からいただき、一度すくも(もみ殻)を使って試みたのですが、なかなかうまくいかず、そのすくも園児達のままごと遊びの材料になるという苦い経験がありました。その旨を話すと動画でやり方を教えてくださり、今のネット社会の恩恵を享受しました。
但し万が一を考慮し、例年と同じく枯れ木や枯葉による焼き芋も準備しました。
例年と同じく、年長組が中心となり芋を洗い、濡れた新聞紙で芋を包み、その上からアルミホイルで巻いて完成させます。この手順が美味しい焼き芋ができる秘訣のようです。

DSC_0007 (800x533)

DSC_0018 (800x533)

DSC_0016 (800x533) (2)

DSC_0022 (800x533)

DSC_0025 (800x533)

DSC_0027 (800x533)

DSC_0031 (800x533) (2)

DSC_0030 (800x533)

すくも(籾殻)による焼き芋
前回の失敗があったのですが、今回は上手く焼けました。
じっくりとすくもをうごかさずに、すくもの力を信じて待っていました。中味は芋の甘みがある焼き芋でした。
DSC_0004 (800x533)

DSC_0056 (800x533)

DSC_0061 (800x533)

DSC_0062 (800x533)

年中組が園庭で食べていたひとコマです。年少組と年長組も食べましたが、撮影はできずごめんなさい。
担任の先生からもらいます。
もらったら、思い思いに自分の好きな場所で食べても良いのですが、座って食べる約束です。
DSC_0035 (800x533)

DSC_0034 (800x533)

DSC_0041 (800x533)

DSC_0047 (800x533)

DSC_0038 (800x533)

DSC_0050 (800x533)

DSC_0055 (800x533)

*焚き火で焼き芋をする場合は佐倉市環境保全条例の遵守も大事なことです。今回も焚き火を使った焼き芋は学校教育法に規定される学校としての教育活動の一環として行っています。

  1. 2020/11/27(金) 19:08:36|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小春日和 | ホーム | 舞台で歌う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/4278-b99a88cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)