FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

暖飯器3兄弟

久しぶりのブログになりました。
連日、晩秋とは思えない暖かな日が続いています。音楽発表会を控え、自分たちで演奏する楽器を決めるために、一通り触ったうえで、自分の演奏したい希望の楽器を伝えているようです。もっとも楽器の数が限られているので、学年により、クラス担任と子ども達また子ども同時の話し合い等で決めていく場合もあるようです。

さて今週から暖飯器が登場して、家庭から持参した弁当を温めてくれます。本園は弁当と給食は希望制で学期ごとに選択できます。但し1号は水曜日のみ「弁当デー」として弁当持参。2号は週5回給食が提供できますが、弁当を持参または給食との併用もできます。

在園生の保護者の皆さんはすでによくご承知のことと思いますが、新入園児の保護者の皆さんは「暖飯器」と言われても、「?」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんので、当の本人たちから、毎年のことながら一言挨拶をさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

暖飯器3兄弟よりのご挨拶
「今晩は。いつも園長ブタゴリラブログをお読みくださり、どうもありがとうございます。主に代わり、厚く御礼申し上げます。
さて毎年この時期になると、このブログに僕たちも一度は登場します。本当はもっともっとたくさん出たいのですが、何せこの時期からが僕たちの出番です。時代もいつの間にか令和時代になりました。昭和、平成、令和とかわり、昭和生まれの僕たち二人と平成生まれの末っ子の僕たち3兄弟は時の過行く速さを実感しています。
以前は団子3兄弟という歌が流行り、僕たちも城南・暖飯器3兄弟として替え歌を作詞して、人気もあったのですが、今では団子3兄弟の歌も知らない人がほとんどだと思います。
そういえば一度「昭和」にちなんだテーマで、夕方の某テレビ番組「エブリー」の中で取り上げられて、園長ともども2、3分ですが出演放映されました。

折角の機会ですので、自己紹介をさせてください。普段は職員室の片隅に鎮座していますが、木枯らしが吹き始めるこの時期になると僕たちの出番がやってきます。今年この時期にしては暖かいようですが。
僕たちは男3兄弟ですが、一番後から生まれた末っ子(一番右側・白い衣装。平成生まれ)だけは生まれた場所(製造元)は違いますが、基本的な用途は同じです。 名前から少し誤解を受けやすいのですが、保温が主な役割です。また先ほど話した一番下の弟は身体は小柄ですが、保温・保冷機能があり、夏休みの長期預かり保育等にも食中毒を防ぐ意味でも保冷器としても使う時もあります。

僕たちは通常の保温設定温度を60度~65度ぐらいに設定して弁当を保温しています。この設定温度は雑菌の繁殖が少なくお弁当が美味しい最適温度とされているからです。ちなみに保冷の場合は、通常温度は18℃くらいで、この温度はお弁当が美味しい最適温度になり、それ以下ですと冷たすぎて美味しく有りませんし、20℃以上は雑菌の繁殖が盛んになるので注意が必要といわれています。 僕達の役割はあくまでもお弁当を雑菌の繁殖しにくい温度で美味しく食べる為のものです。時間も最長で4~5時間が目安といわれています。 また保温器から職員室にいる先生が取り出すときは温める場所により、素手で持つには少し熱い時がありますが(もっとも火傷をするとかの熱さではありませんが)、取り出して教室で配るころには園児達が素手で触っても問題ない熱さです。

毎朝、年中と年長組はクラス当番4人でクラスの弁当を持って会いに来てくれます。年少組は先生(年少組は先生が二人いるので、担任もしくは副任)が弁当箱の入った箱を持ってきてくれます。そして昼食の時間になる頃に朝と同じクラス当番4人で僕たちが暖めた弁当を教室に運び、クラス当番がそれぞれの持ち主に届けます。
この記事を読んで、興味関心や会いたいという人がいたら、何時も職員室の入り口のところにいるので、是非会いに来てください。とりたててこれといったおもてなしはできませんが、僕達もお見えくださると嬉しく思います。
本来は遊びに来てくれると、歓迎の意味で「暖飯器3兄弟」の歌を歌うのですが、今年は例の新型コロナウイルス感染予防を踏まえた飛沫リスクのために自粛しています。
早く元通りの日常生活に戻り、一緒に歌える日が来ることを祈っています。
これから3月まで子ども達に温かなお弁当を提供できるように頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。」

DSC_0050 (800x533)

DSC_0053 (800x533)
  1. 2020/11/17(火) 19:49:55|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<音楽発表会に向けて | ホーム | 続々・ミニ・オータムフェスタ2020・年少組・年中組>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/4269-a42cd4b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)