FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

就職説明会

久しぶりのブログになりました。厳しい暑さが続き、昨日は佐倉市内でも光化学スモッグ注意報が発令されたようです。
*熱中症に罹患する人も増えており、今年は新型コロナウイルスの報道に隠れがちですが、熱中症も毎年亡くなったり緊急搬送される人が後を絶ちません。
しばらくは真夏日が続くようです。どうぞご留意ください。

さて先日8月10日(月・山の日)に一般社団全千葉県私立幼稚園連合会が主催する令和2年度の就職説明会を幕張メッセのホテルで実施しました。
本園も毎年参加してブースを出しています。今年はご承知のように新型コロナウイルス感染予防を考慮して、運営を大きく変えて行い
ました。年々幼稚園教諭や保育士不足が深刻になり、参加する園も増えています。今年は約90の私立幼稚園や認定子ども園が参加しました。昨年度までは同じフロアで全参加園が一斉に会してブースを出していましたが、前述したように午前午後とそれぞれふたつのフロアを貸し切って三密をさけるとともに、園側と学生の間にはビニールシートで遮蔽して飛沫感染等防止対策をしました。
企画した経営委員会の感染予防対策の苦労が手に取るようにわかります。

私は毎年広報委員会として取材に行くのですが、例年にくらべかなり参加者が少なかったのが実情です。
少なからず新型コロナウイルスの影響もあると思いますし、また通常1学期に実施する教育実習も今年は延期しているため、就職活動にも力がいまひとつ力が入らず実感がわかないかもしれません。但し10日時点ではわかりませんでしたが、その後今年度に限り、免許取得に必須な教育実習を特例措置として、実習をしなくても免許が取得できるようになりました。

幼稚園側も参加人数が二人と限られているために、例年は1年目のスタッフが出席するのですが、今年は年長組のS先生と年中組のS先生が立ち会い、S&Sのスペシャルコンビで頑張ってくれました。
学生さんの訪問が少ない分、一人ひとりの学生さんに時間をかけて説明することができたことは良かったと思います。
学生さんから見れば、このような状況なので、園訪問を躊躇する気持ちもわからなくもありませんが、当日のマスク着用、検温と体調に問題なければ是非園見学も歓迎しますので、どうぞ見学にいらしてください。
見学ですので、リクルートスーツではなく普段着(私服)で履歴書は持参しないでご来園ください。
「百聞は一見に如かず」ではありませんが、色々な園を見学することで見る目も養われると思います。
今このブログを読まれていて、先日の就職説明会にご都合が悪くて来園できなかった学生さんがいらしたら、当日配布した資料を差し上げますので、園までご連絡ください。(043-484-0551園長井出まで)
どうぞよろしくお願いいたします。

*平成30年度熱中症による死亡数1581人(年間概数)、熱中症による救急搬送状況95137 人(平成30年度5月~9月)厚生労働省HP資料より

DSC_0015 (800x535)

DSC_0017 (800x535) (2)

DSC_0019 (800x535)

入り口に設置したサーマルモニターです。検温のみならずマスクを着用しないで入ろうとすると、音声で注意をされます。また顔認証による履歴もできるようです。
DSC_0013 (800x535)
  1. 2020/08/14(金) 18:54:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<終戦記念日 | ホーム | 真夏日>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/08/20(木) 00:32:14 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

Re: むかし、むかし…

Tさん、こんにちは。温かなコメントをお寄せいただき、どうもありがとうございました。また拙いブログを楽しみにしてくださるとのコメント、もったいなくもありがたいお言葉に感謝いたします。
むかしむかしのお話を拝読しながら、当時のご友人の学生さん達の気持ちをお聞きしながら、初心に帰る良い話と自分を戒めています。
学生さんが教育実習に来るときは、良い意味で楽しかったと思える実習になるようにスタッフに話をしています。もちろん教育実習日誌の記録など大変なこともあるのも事実ですが、最後は幼稚園で実習して楽しい思い出ができるようにして欲しいと願っています。
仮に保育者の道を歩まなくても、学生時代に幼稚園で教育実習をすることで、子どもの世界はこんなに楽しいのか、子どもが遊ぶということはこういうことなのか等子ども達を通して「遊びの世界」を知ってもらえれば何よりですし、僭越ですが、社会人また家庭を持った時に子ども達の良き理解者や応援団になってもらえたら嬉しいです。
学生時代に佐倉城南幼稚園で教育実習して楽しかったと思えるようになって欲しいと願っています。幼稚園で教育実習をして、幼稚園志望を取り消した話を聞くと、とても悲しくなります。

もちろん就職してプロの保育者になれば、当たり前ですが、色々なことがあります。
それはそれとして、学生さんだからこそ、若さと伸びやかな感性で是非子ども達と遊んでもらいたいと思います。私たちもそうした姿を通して、学ばせていただくことがたくさんあります。
複数の養成校の先生達からは是非と言われるのですが、こじんまりとした幼稚園ですので、毎年なかなか希望する実習生全員をお引き受けすることができず、いつも申し訳なく思っています。

コメントでお話ししてくださったように、確かに教育実習を終えた後、就職希望される学生さんは多いようです。今のスタッフの中にも本園で実習を終え希望したのですが、当初求人がなく他園に内定していたのですが、急遽求人が出て、内定していた園(私の知人で了解を事前にとりました)から仲間になったスタッフもいます。
今年からは認定こども園に移行しましたが、昨年までは私立の幼稚園でしたので、保育園などに比べれば求人条件はお世辞にも良いとは言えません。
それでも全員が本園の教育方針に魅かれ、クラス担任を持ちたいという意欲で希望されました。本当にありがたいことです。
このブログでお伝えした今年の就職説明会にいらした学生さんも、早速園見学の連絡をいただきました。

このブログでも常々お話しするように、こうした教育方針で運営できるのも、Tさんをはじめ保護者の皆さんのご理解とご協力があってのお蔭です。
また卒園した保護者の皆さんのご紹介などもありがたい応援と深謝しています。

コメントにありました「・・働く側に魅力的な園はこどもにとっても、楽しい園に違いありませんね。・・」のお言葉を裏切ることなく、子ども達とこれからも園生活を過ごしていきたいと思います。
また何かお気づきのことなどありましたら、コメントをお待ちしています。
どうもありがとうございました。
  1. 2020/08/22(土) 17:30:27 |
  2. URL |
  3. 佐倉城南幼稚園・園長 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/4183-d6da1539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)