FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

虫捕り

梅雨明けとともに、いつもの夏の暑さが戻ってきました。新型コロナウイルスに隠れがちですが、熱中症にも気をつけたいものです。特に今年の夏はマスクをしているだけに、余計留意が必要です。
スタッフも保育中は原則マスクを着用していますが、園庭で遊んでいる子ども達を見守る時にマスク着用ですと、熱中症にかかりかねませんので、適宜外したりするように話しています。

夏の暑さとともに、蝉時雨も一段と賑やかです。
くまキッズ(預かり保育)の子ども達も時々捕虫網を持って園庭に出ているようで、山の木々の緑の合間から白い網が見え隠れします。
園児にとって蝉等の虫捕りはなかなか難しいだけに、捕った時の喜びもひとしおだと思います。
先ずは虫を探すところから始まります。失敗することで学び、また挑戦しようという意欲にもつながります。

以前もこのブログで話したことがありますが、子ども達は虫を捕虫する時は、夢中で虫をじっくり見ていません。何故なら捕ることに夢中だからです。
捕まえたら、是非虫を観察する時間を作ってあげてください。その時に初めて虫をじっくり観察することができます。その後はそのまま放すなり自宅で飼育するなり、子どもと話しあって、決めてあげると良いと思います。
但し虫によっては飼育することが困難な虫、例えば蝉等は観察してから放してあげても良いかもしれません。
命あるものを飼うことで、命を知る良い機会になると思います。

こういう時世ですので、是非近隣の公園等楽しんでみたらいかがでしょうか。もちろん熱中症対策にも万全の準備で出かけましょう。

預かり保育の子ども達がクワガタやカブトムシの世話をしてくれていました。ゼリーを取り換え、霧吹きで乾燥しないようにしてくれたようです。
DSC_0003 (800x535)

DSC_0007 (800x535)

DSC_0002 (800x566)
  1. 2020/08/06(木) 18:36:24|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<真夏日 | ホーム | 宿泊保育>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/4179-8492020d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)