FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

梅雨明け

今日は関東地方にも梅雨明けが発表されました。今日も久しぶりに夏空が戻ったようです。
真っ青な澄み切った気持ち良い青空の天気とは裏腹に、感染者が増えてどんよりとした不安感や閉塞感のある世情が漂います。
また緊急事態宣言期間中の時と同様に「自粛警察」の言葉ではありませんが、感染者の方への誹謗や中傷など心ない言動が横行し、心を痛めます。
一刻も早い治癒を願う温かなコメントならともかく、自分が感染した時に心無いコメントを聞いたら、病気で心身が弱っている時に
よりつらいと思います。もう少し言動に留意して欲しいと思ってしまいます。
私は全く持って聖人君主ではありませんし、ご承知のように失敗も多々あり、保護者の皆さんにもいつもご迷惑をおかけしていると思います。まして自分の判断が絶対正しいと思いません。いつも悩みますし、スタッフに助言をもらったり副園長をはじめ諫言の中で決めていくこともあります。また最後は子ども達の最善の利益が決め手でしょうか。
また普通に日常生活をしています。

先日学校関係者が感染した時も仕事柄コメントを見ましたが、そこまでいうのか思ってしまいました。
今は誰が感染しても責められません。
私もスタッフには少しでも身体に不調を感じたら遠慮なく休み、万が一感染しても自責の念を持たないように伝えています。
勿論皆気をつけていますが、日常生活をしていても感染リスクはあると思います。
でも感染して園児に感染させたらと考えると怖いと思います。特に今回は無症状で2週間潜伏期間があるとされているだけに
厄介です。
誰も好きこんで感染させる人はいません。そういうことを責めていたら、ただでさえ今は不足がちなのに、保育教諭を希望する人は益々減ると思います。

以前2009年にやはり新型インフルエンザが流行り、日本も警戒したことがあったと思います。
当時私の子どもがその感染の疑いがあり、学校を休み自宅待機した時に、私は立場上すぐに佐倉市内のビジネスホテルに移動して1週間ぐらい別居し、洗濯物を取りに帰る以外ホテルで生活したことがあります。
知らない人から見れば、家人に家を追い出されたと思われたかもしれません。(笑)
その時ある保護者の方が来園し、家族が疑いがあり、園長が同居していると感染し、園児達に感染するのではという心配の件でした。
何故知ったのかは不思議ですが、ホテルの件を話すと安心して帰られました。
危機管理ではありませんが、そのあと確か私がホテルで別居したことをこのブログで公表した覚えがあります。
そうすることで保護者に安心してもらうためですが、園長という立場上止む得ないのですが、子どもから見ればやるせなかったかもしれません。結局、陰性で罹患していませんでした。

今回は前述したように潜伏期間が長いので、今ままでのような感染症とは違うだけに難しい面があります。
お互いに気をつけながら、SNSによる匿名という自分の身元を明かさない意見は気にせず、励ましの温かな意見だけいただき前向きにいきたいものです。
感染された方々の一日も早い完治と医療従事者の皆様の献身的な仕事に敬意を表します。

DSC_0837 (800x535)


  1. 2020/08/01(土) 17:47:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宿泊保育 | ホーム | 水遊び~年少桃1組・桃2組~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/4177-751ab55b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)