FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

宝物

園児たちは日々園生活の中で色々なものに出会います。
特に園庭では様々なものを見つけてきます。虫から石や花や木々の枝や葉までそれこそ自分の身の回りの物なら何でもありです。
そうしたものは子ども達にとっては宝物です。大人の感覚はとかなり違います。だから傍から見ていても、その発想や感覚が楽しそうで共感しながら、自宅に持ち帰って家族に見せたくなる気持ちもわかります。
そうした品々の中で、自宅に持ち帰ってよいもの(園で持ち帰って良いものの約束があります)は容器や袋に入れて持ち帰ります。
今はまだ新入園児がなれていないので休止していますが、慣れてきたら解禁します。

普段、容器や袋は職員室に置いてあるので、見つけるともらいに来ます。
中には容器にいっぱい入ったダンゴ虫やミミズなどを自宅に持ち帰る子どももいますが、お土産としておかあさんは喜ぶかなと杞憂する時もありますが、当の本人は意気揚々と嬉しそうに愛しそうに持ち帰るようです。
毎年のように、卒園児が小学校に入学して、校庭で何か見つけると、先生や職員室内で「持ち帰る袋をください」と話したことを聞くと、思わず微笑ましく思ってしまいます。

昆虫でもなかなかも見つけにくいクワガタやカブトムシ(違った意味での宝物)はクラスで飼育する約束です。
また時には保護者から園に寄贈されて飼育する時もあります。子ども達は大喜びです。
今年スタッフとして仲間になった某さんが、クワガタやカブトムシがたくさんいる佐倉市内の知る人ぞ知る秘密の林を知っているので、今度教えてもらい、採集に行こうかと思案している今日この頃です。

土日等園が休み日はウサギのチョコちゃん同様、私が餌やり当番です。
現在、青組でクワガタ、赤組でカブトムシを飼育しています。
今日は新しい土(マット)に替えました。何歳になってもこうした世話は少年時代に戻れる楽しいひと時です。
DSC_0833 (800x535)

DSC_0835 (800x535)

DSC_0836 (800x535)
  1. 2020/07/11(土) 22:35:04|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツリーハウス | ホーム | 7月誕生会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/4158-3b082c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)