FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

ごっこ遊び

年中組4歳児の何人かの女児で「先生ごっこ」を楽しんでいたようです。
新入園児が入園し、遊具指導などで当初は先生が手を引いて電車ごっこのように移動していく光景を覚えていたようです。
先頭の子どもが先生役で、後の子どもたちが幼稚園児役だと思います。
幼児の世界では「先生(学校)ごっこ」に限らず、色々なごっこ遊びがみられます。ままごと遊びをしながら、家庭でのおとうさん役やお母さん役、又犬や猫のペットの役になりきる子ども達もいます。
また何かのヒーローになったり、冒険ごっこと称して秘密基地を作ったりする時もあります。

実はこうした「ごっこ遊び」は子ども達の心身の発達をするうえでとても大切な時間として幼児教育では認めらています。
自分と他者との存在の違いを知ること、相手の気持ち(心)を読み取る力、新しい世界を広げていく力等とても大切な遊びです。
大人から見れば時には奇異に感じたりするかもしれませんが、こうした自由な発想の世界を温かく見守ってあげたいものです。
自由遊びがなぜ大事かというと、「ごっこ遊び」は自由遊びの中から生まれます。それは子ども達自らが創っていく遊びだからです。
私たち教師も実は子ども達からその一挙一動まで観察され、言葉遣いや仕草までまねされることがあります。
ある意味子ども達の観察力はこわいものです。(苦笑)

DSC_0710 (800x566)

DSC_0714 (800x533)
  1. 2020/06/18(木) 22:37:52|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<西瓜 | ホーム | 遊戯室で遊ぶ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/4131-a3510926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)