FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

線路は続くよ どこまでも

連日暑い日が続きます。
お蔭様で新入園児の園庭での遊具指導も今日で終えることができ、明日は遊戯室指導を行います。明日からは年長組も園庭で遊べます。どうしても一緒に遊ぶと混み合ったり、新入園児にとって圧倒されがちになるので、遊具指導期間中は年長組は園庭での遊びを控えていました。
明日以降は一緒に遊ぶ中で、約束事を忘れたら、やさしく教えてあげてくださいね。よろしくお願いします。

先週、年長緑組から線路がどんどん建設され、延伸されていきました。
私も鉄道は好きで、小学生の文集に将来の夢は電車の運転士と書いたのですが、何故か幼稚園の先生になりました。(苦笑)
それでも夢を捨てきれず、大宮市や京都市の鉄道博物館に行きジオラマを楽しんだり、運転士用の体験シュミレーションを眺めたことがあります。さすがにおじさんがするのは気恥ずかしいので、子ども達の体験している様子を眺めるだけですが。

新型コロナウイルス感染のために研修や会合もすべて中止または延期となり3月末から先日まで鉄道も全く利用しませんでした。
立場上、感染リスクはできるだけ避けざるを得ません。先週12日(金)にどうしても出席せざる得ない会合が幕張メッセであり、約3か月ぶりに乗車しましたが、予想以上に車内も通常と変わらない様子に正直びっくりしました。
感染状況が落ち着いたら、以前のように列車に乗車しながら、何も考えずにぼんやりと車窓風景を眺めながら地酒と肴を友に、あてどもなくふらふらと流れるままに旅をしたいと思う今日この頃です。
出かける時は、「この日に帰ってくるからと」の言葉一つで、送る側も「どこに、だれと」すら聞かず、何かあれば携帯に連絡するからとの言葉だけで送られます。とどめは「なんなら、このまま、一生帰ってこなくても良いから」のお言葉が旅立ちへの何よりの餞別です。
でも旅が楽しいのはある意味帰れる場所があるから楽しいと思います。憎まれ口を浴びながらも、帰れる場所があることは幸せですし、ありがたいことです。
以前露店を営む香具師(的屋)の人たちを調査したことがありますが、各地のお祭り(市)を追いかけながら、1年を旅していくのですが、生業となると旅行ではないので、大変なことも多々あると話してくれたことがありました。特に子ども達の教育に悩むそうです。
昔(江戸時代以前)は定住しない漂泊の民がたくさんいたのですが、明治時代以降国の関与もあり、定住を余儀なくされていく歴史があります。

園児達も電車に限らす、乗り物は好きなようです。毎年園庭で電車ごっごを楽しむ時があります。また木製のトラックや車は大人気です。
これからも子ども達の夢を乗せて走って欲しいですね。

DSC_0582 (800x533)

DSC_0581 (800x533)

DSC_0583 (800x533)

DSC_0588 (800x533)
  1. 2020/06/16(火) 23:07:35|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<遊戯室で遊ぶ | ホーム | 「ツマグロヒョウモン」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/4129-d7781bbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)