FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

みどりの日

今日はみどりの日です。日を追うごとに園庭の木々の緑が濃くなります。雨上がりの園庭に佇みながら、緑の濃淡を楽しみました。新緑に覆われはじめ、木陰を作りはじめています。
幼稚園教育要領に幼児期に自然豊かな環境の中で遊ぶことは心身の発達を育むうえでとても大事と述べられています。

だいぶ前にこのブログで自然豊かな環境について話したことがあります。
再読しながら、木々(自然)は生きているので、先を見据えながら植栽も考慮していきたいと考えています。

再掲載
園児にとって自然豊かな環境(園環境)とはどういう場所でしょうか。
①四季折々の変化が子ども自ら知り、学べる。
②落葉樹や常緑樹が植えられている。
③実のなる木々があり、食したり、実を遊ぶ材料として手に入れることができる。
④草花が植えられ昆虫が生息し、園児が日常的に採取や補虫できる。
⑤水と土がふんだんに使える。
⑥園児が日常的に自然の恵みを遊びの中に取り入れることができる場所。
いくら自然豊かな環境(園庭)であっても、園児自らがその自然の中で存分に遊べなかったり、遊びの中で自然の恵みを楽しめなかったら「絵に描いた餅」と同じです。体験を通して「何故だろう」「どうしてだろう」という気持ちが芽生え、それが知的好奇心につながり、小学校での学びにとつながります。

雨あがりの園庭に花が咲き始めています。
DSC_0454 (800x533)

DSC_0452 (800x533)

DSC_0456 (800x533)

DSC_0444 (800x533)

DSC_0439 (800x533)

DSC_0438 (800x533)

DSC_0446 (800x533) (2)

ウサギ小屋近くのグミの木も実をつけはじめました。6月なかばには食べごろです。今年も食べてもらえますように。
DSC_0470 (800x533)

鉄棒近くの桑の実も実をつけはじめました。
DSC_0479 (800x533)
  1. 2020/05/04(月) 18:09:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<子どもの日 | ホーム | 憲法記念日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/4089-b888f1c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)