FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

映画「ある精肉店のはなし」

昨日夕方から、都内東中野にある映画館ポレポレ東中野で上映中の「ある精肉店のはなし」を見てきました。
以前封切りされた頃、川越スカラ座で見て、感動したことがあります。
2回目ですが、興味は尽きません。内容はインターネット等の検索に譲りますが、家族で営む肉屋さんの物語です。
内容は「いのち」「人権」「差別(被差別部落)」といった人間が社会生活していくうえで大切な向き合うテーマが根底にあるのですが、決して声高に語られるわけでもなく、ある意味淡々と家族を中心とした生活や地域とともに生きてきたお店の歴史が丹念に描かれています。
何度もある家族で食事を囲むシーンがなんともいえず素敵です。また3世代にわたる家族の交流も日常生活のシーンを通して、ほのぼのと温かく映し出されています。

教育にかかわる人(特に若い学生さん達)が見てくれると嬉しいですね。学生さんには映画の入場料は高いかもしれませんが、
チケットショップや映画○○デー等を上手く利用できるといいですね。
前述したように、教育の仕事にたずさわるうえで知っておかなければいけない避けて通れない大事なテーマが、この映画にはあります。

「ゆうやけこどもクラブ」もみたかったのですが、時間が合わず残念。
P1040898 (800x600)

帰途、中央線プラットホームから富士山が見えました。
P1040894 (800x600)

ポレポレ東中野は都内に用事で出向いた折に行くことがあります。この映画館に限らず、ミニシアターで上映される映画鑑賞も楽しみです。県内ですと千葉市の千葉劇場、駒鳥シアターや柏市のキネマ旬報シアターといったところでしょうか。
P1040902 (800x600)

P1040903 (800x600)
  1. 2019/12/01(日) 16:07:22|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<合唱「虹のむこうに」 | ホーム | 園庭で昼食を>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3968-b3774dd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)