FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

研修

今日は午後から設置者・園長向けの研修が幕張メッセのホテルであり、参加してきました。
「幼稚園での育ち小学校教育へどうつなげるか 小学校教育の根底は幼稚園教育のどこにあるのか」という題です。
エビデンスをはじめ具体的実例をあげながら、わかりやすく教示していただき、好評でした。保護者やこれから幼稚園選びを考える保護者の皆さんに聞いてもらいたい内容でした。

幼児教育は残念ながらまだ誤解されていることも多く、入園説明会でも少し言及させていただきましたが、「遊びと勉強は表裏一体」であり、幼稚園は子どもが出会う最初の学校ですが、小学校の先取り教育の場ではなく、小学校でやる内容を幼稚園でさせるのは全くのナンセンスです。

主な内容
教師が身につけさせる・教師が学ばせる(未熟な学習者)→子どもが自ら身につける・子どもが自ら学ぶ(有能な学習者)

難関突破者(難関大学、難関資格者、スポーツ・芸術等の活躍)の幼児期の教育の特徴
・思いきり遊ぶ
・思いや意欲を大切にして遊ぶ
・好きなことに集中して取り組む
幼児の遊びと学びプロジェクト1040人調査 お茶の水女子大学内田名誉教授『遊びと学び」データより引用

子どもが幼稚園で自ら課題意識を持って、体験学習を通して学ぶ。その意欲が小学校以降の学習につながる。

園庭に落ち始めた「どんぐり」、でも「どんぐり」は総称です。保育者はそれでおわりにしてはいけません。
また触感からもそれぞれの特徴に気づかせてあげたいものです。
DSC_0933 (800x533)

図鑑の活用のやり方(学び方)も是非教えてあげたいものです。
DSC_0940 (800x525)



  1. 2019/10/30(水) 23:01:27|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハッピーハロウィン~トリック・オア・トリート! | ホーム | さつま芋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3940-5fd96b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)