FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

秋の芋ほり遠足~緑組・黄組・桃1組~

今日は思わぬ強雨で午後からはその対応に追われましたが、午後6時半過ぎにはお預かりしていた全園児をお渡しすることができました。このような思わぬ自然災害に対して臨機応変な対応と沈着冷静な判断をトップ(責任者)としても決断する機会になりました。(もちろん、こうしたことはないにこしたことがありませんが)
今年は天災に遭遇する年です。
台風15号で被災した人達に今日のような追い打ちをかけるような無情といえる強雨に、いくら自然とはいえ、なんとかならないものかと思います。被災された皆様の一日も早い復興を祈ります。
今日は園バスを出さなくてよかったと改めて思いますが、今日の対応について何かお気づきのこと等ありましたら、ご教示いただければ幸いです。建設的なご意見が今後のこうした対応時の際のより良い運営につながりますので、よろしくお願いします。

さて昨日は3クラス(緑組・黄組・桃1組)で大篠塚にある園で借用している畑に、秋の芋ほり遠足に行きました。掘り終えた後は、年中・年長組は畑から30分ほど歩いて、山王公園で遊んだり昼食を食べました。

園に集合し、「でぶいもちゃん・ちびいもちゃん」の歌を歌って出発です。
DSC_0815 (800x533)

DSC_0818 (800x533)

DSC_0817 (800x533)

芋ほりの様子です。私が畑に到着した時には、年中組と年長組はほぼ掘り終えていました。ご紹介できずごめんなさい。
DSC_0823 (800x533)

DSC_0827 (800x533)

DSC_0826 (800x533)

DSC_0829 (800x533)

DSC_0836 (800x533)

大根もすくすく育っています。収穫が楽しみです。
DSC_0824 (800x533)

園児達は素手で掘ります。今年は天候のせいか幾分小ぶりで。、深めに入っていたので、掘るのに苦労したようです。
DSC_0832 (800x533)

DSC_0833 (800x533)

DSC_0834 (800x533)

掘った後は園から持参したたらいで手を洗います。
DSC_0840 (800x533)

次に予定している青組・赤組・桃2組用の芋畑です。子ども達との出会いを楽しみにしているようです。
DSC_0847 (800x533)

畑を貸してくれている地主のJさん宅に先ほど掘った芋と花籠を持ってクラスの代表4人(10月生まれ)が御礼に訪問し、記念撮影をしました。
DSC_0866 (800x533)

温かなおもてなしで歓迎してくださいました。
DSC_0868 (800x533)

山王公園で遊びました。
DSC_0874 (800x533) (2)

DSC_0876 (800x533)

DSC_0872 (800x533)

DSC_0880 (800x533)

遊んだ後は、皆で友達の顔がお互いに見えるように輪になって弁当を食べました。
DSC_0883 (800x533)

DSC_0884 (800x533)

DSC_0888 (800x533)

DSC_0887 (800x533)

DSC_0886 (800x533)

昼食後は、恒例のおやつ交換です。ひとつ持参したらひとつ交換、ふたつならふたつと数の学びにもなります。色々なお菓子を楽しめるのも嬉しいひと時です。
DSC_0895 (800x533)

DSC_0898 (800x533)

DSC_0903 (800x533)

DSC_0906 (800x533)

昼食後は芝生広場で持参したボールで遊んだり、昼食前同様にアスレチックで遊んだりと思い思いに楽しんでいたようです。
DSC_0874 (800x533) (2)

DSC_0909 (800x533)

DSC_0912 (800x533)

DSC_0910 (800x533)

DSC_0913 (800x533)

DSC_0911 (800x533)

DSC_0917 (800x533)

DSC_0921 (800x533)

DSC_0923 (800x533)

今年は天候のせいか例年に比べると幾分小ぶりで、芋も深めに入っていて、掘るのに苦労したようです。
それでもそれぞれの子どもさんなりに、頑張って掘ってくれたようです。
DSC_0929 (800x533)

DSC_0930 (800x533)

DSC_0931 (800x533)
  1. 2019/10/25(金) 21:32:55|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<豪雨 | ホーム | おやつのひと時>>

コメント

園バスの中止について

いつもお世話になっております。
また、本日は豪雨に見舞われ、先生方も対応など大変だったことと思います。

タイトル通り園バス中止についてのコメントなのですが、園児の安全を最優先しての園バス中止、この状況ですのでもちろんだと思いました。
ですが、子供がバスで帰宅するまで仕事に出ている身としては、メールのみの配信に少し困惑してしまいました。
業務中は携帯を見ることが出来ず、特に職場にも連絡がなかったので、冠水など心配ではありましたが仕事を続けていました。
仕事が終わり、携帯を確認して園バス中止や周りが冠水していることをメールで知り、お迎え手段をどうすれば良いのか途方にくれてしまいました。
メールを送付して頂いたお昼ぐらいにそのことを知っていれば、早めに家族に連絡をとって代わりの迎えをお願いしたり、仕事を早退して道路状況に余裕を持ってお迎えに行けたりしたのにな、と。

園長先生をはじめ、幼稚園の先生方をとても信頼していますので園に居れば子供は安心なのですが、それでもこのような悪天候の日はなるべく早く子供を迎えに行ってあげたいと言う気持ちがあります。

全園児の保護者に電話連絡と言うのは効率が悪いし、園児との時間を割くことになると思いますのでメールのみの配信は致し方ないとは思います。
ですが、メールに開封確認欄がせっかくあるのですから、緊急時のメールは開封処理が長時間なされない場合は電話連絡などがあったら良いなと思いました。

コメントが長くなり、大変失礼致しました。
  1. 2019/10/26(土) 00:03:25 |
  2. URL |
  3. 在園児の保護者 #-
  4. [ 編集]

Re: 園バスの中止について

「在園児の保護者」さん、今晩は。早速にコメントをお寄せくださり、どうもありがとうございました。
またご提案をいただけたことを感謝いたします。
思いがけない短時間での豪雨とその対応について、保護者のお気持ちを交えて今後の対応を見据えてのコメントをいただきありがたく思っています。

最初に園で降園時のバスを天気状況により、中止するかもしれないとメール配信したのが午後12時35分です。その後インターネットによる天気状況注視また園バス運転手に園バスコースで冠水しそうな場所を含めて市内を安全確保条件で視察してもらい、そうした情報を含めて中止を決定したのが午後1時11分です。
お昼ぐらいとのお話ですが、当時お昼ぐらいでは正直是非の判断が難しく、前述したようにお昼の午後12時35分に可能性をお伝えし、メールで注視して欲しいと連絡させていただきました。

その後、降園バス中止決定後は、保護者皆さんからの電話連絡がひっきりなしにかかり、午後3時ぐらいまで鳴りやみませんでした。
お迎えに間違いがあってはいけないので、職員室でお迎えの情報の対応にあたるスタッフ、園児達を遊戯室や保育室で見守るスタッフ、お迎えの際に間違いなく引き渡すスタッフ、また私はできるだけ保護者の皆さんに心配ないようにメール配信と前回の台風の時のようにメールが遅延した場合も含めてHP掲示板に情報掲示で忙殺されていました。

時間とともに雨も激しさを増し、市内の道路もあちらこちらで冠水して、お迎えにこれないとの連絡もどんどん入りましたので、お迎えを急ぐあまり、命の危険にさらされるのを防ぐ意味でも、園で時間を気にしないで安全安心にあずかっている情報も絶え間なく発信していました。
通常というか初めてですが、「在園児の保護者」さんもお話しされていますが、園にお迎えに来たくても、道路の冠水等で園にたどり着けない親の心情を察して、急遽おやつの様子を撮影し、ブログにあげて元気でいる様子を映像で伝えました。またメールでそのことを配信しています。

もちろん職場によると思いますが、スタッフのパート職員も勤務時間をのばして昨日の緊急対応に対処してもらいました。
言い訳ととられてもかまいませんが、こうした状況の中で140人近くの一人ひとりの送信した6通のメールを開封確認(長時間未開封)をしながら職場に電話をかけるところまで手をまわせなかったのが実情です。推測で申し訳ありませんが、気がせいてメール開封確認できなかった方もいると思います。
コメントで述べられている開封確認の長時間未処理のご意見自体の主旨はよくわかりますが、このような状況では園の力不足といわれればそれまでですが、そこまで手が回らなかってことについてはご寛容ご理解をいただればと思います。
この件でご疑問やご意見がありましたら、コメント欄ではなく園長宛に直にご来園の上でお話ししていただければ、ありがたいと思います。
またお気づきのことなどありましたら、ご意見をお待ちしています。






  1. 2019/10/26(土) 19:13:09 |
  2. URL |
  3. 佐倉城南幼稚園・園長 #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
金曜日の迅速で的確、丁寧なご判断、ご対応、ありがとうございました。

まずは大人が落ち着くこと。
これはとても重要なことだと思います。
園長先生をはじめ、先生方も内心は不安や心配がおありだったかと思います。
でもそんな姿を微塵もみせず
こどもたちを全力で守ってくださり感謝致します。

帰宅した娘はいつもと違う幼稚園の雰囲気を
明るく報告してくれたのです。
もちろん、チョコちゃんのことや
先生たちはおうちに帰れたかな、と心配もしておりました。

お電話したときも(鳴り止まないときに申し訳なかったです)
電話のむこうから聞こえてくる
こどもたちのいつも通りの元気な声!
安心しました。

ただ事ではないことを、こどもは感じて緊張もしていたかと思いますが
先生方がいつも通りの保育をしてくださったから
緊張もほぐれたかと思います。
ありがとうございます。
城南幼稚園だから大丈夫だよ。と娘に話しました。

何年前でしょうか。
鹿島川が氾濫して、赤バスが市役所のほうへ
迂回して登園したことがありました。
あの時より被害が大きい印象です。
自然相手とはいえ、どうして千葉ばかり…と少しおもってしまいす。

園長先生もご自宅の対応などあるかと思いますが
この週末、先生方もゆっくりお休みください。
お疲れ様でした。

追伸
娘が月曜日のお芋掘り、楽しみにしています。
準備も万端です。
  1. 2019/10/27(日) 00:55:40 |
  2. URL |
  3. 子だくさん母さん #-
  4. [ 編集]

ご返信頂き、ありがとうございます。

また、昨日の園内での先生方の実情をとても詳しく教えて頂きありがとうございます。

各先生方が園児の安全を最優先に考えて行動して頂いていた中で、私がコメントした内容は早く迎えに行きたい気持ちを優先してしまっていた事に気付きました。
災害時、親と子が離れていると子供を不安にさせてしまうかもしれないとの思いから早めに迎えに行きたいと思ったのですが、子供と離れていて不安だったのは親である私の方でした。

一人一人の先生方がそれぞれの対応に追われている中で、開封処理の確認を行い、未確認の保護者・職場へ電話連絡をする事は確かに難しい状況であることもわかりました。
メール確認が出来ない状況にも対応して欲しいだなんて無理な提案を安易にしてしまい、大変申し訳ありませんでした。

今回の災害時の園での実情をお話して頂けた事で、次回以降は(こんな災害が頻繁にあっては困りますが、、)メールを読むのが配信から時間が経過してしまっていても慌てずに、安全最優先でのお迎えをしようと思います。
お話頂き、ありがとうございました。

また、園長先生をはじめ、各先生方も遅くまで対応頂きありがとうございました。
中には帰宅中や、自宅が被災された方もいるかもしれません。
1日も早く皆さまが日常生活を送れる事を、心よりお祈り申し上げます。
  1. 2019/10/27(日) 01:01:20 |
  2. URL |
  3. 在園児の保護者 #-
  4. [ 編集]

金曜日の園長先生をはじめ先生方のご対応、本当に感謝致します。
皆様無事に帰宅できましたでしょうか?

この1ヶ月の間、台風や自然災害の怖さを度々肌で感じ、今回はさすがに命の危険すら感じ、本当に怖かったです。
一夜明けてから市内の様子も分かり、意外と近いところで冠水がひかなかったり車が水に浸かったままであったりと、被害に遭われた方を思うと心が痛いです。
子供達には不安にさせすぎてもいけないと、こちらも気丈に振る舞ってはいましたが、大人の少しの違いにも敏感に感じとれる子供達も何か感じ取っている様子でした。
我が家は小学生の長男も、学校から引き渡しの連絡があり、急いで迎えに行ったりと、なんとか少しの冠水の間に子供達全員迎えに行くことができほっとしましたが、
たまたま仕事が休みで早めに迎えに行けただけで、もし仕事に行っていたら無事に迎えに行けたのだろうか、と不安になりました。
しかし学校や幼稚園という場所に子供達がいる間は安心できますし、今回のようにメールで随時連絡を入れてくださった園長先生には本当に感謝致します。

このような災害時、先生方も不安な中、準備していただけでは賄いきれず、きっと臨機応変な対応が求められて大変だったと思います。
何度も起きてはいけないことですが、各家庭もそうですが教訓になり今後に生かせると思います。
全ては命あってのこと…何より園児の命を最優先に考え、全力で守っていただいたこと、本当に感謝致します。
  1. 2019/10/27(日) 04:10:16 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3936-98c3cf98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)