FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

運動会の練習が始まりました~旗体操の練習~

今日の午前中は秋晴れの良い天気でした。知人の何園かは今日は運動会とのことでしたが、秋日和の中、盛大に行われたことと思います。
今週から運動会の練習を始めています。練習といっても子どもたちが当日やり方を混乱ないでできるように教えるだけです。
原則学年ごとにおよそ30分ぐらいでしょうか。また一番最初に全学年でかけっこの練習をする時があります。
特に年少3歳児は先ずはまっすぐ走ることから覚えます。
3歳児のかけっこは毎年のことながら微笑ましいものです。

本園は来月10月19日(土)が運動会になります。よく遅いですねと問われる時があり、ブログでも過去に話したことがあると思いますが、下記の理由からです。もちろん園それぞれに事情があると思いますし、子どもの心身の状態の見方は千差万別です。その見方が運動会と選定日時にもつながる場合があるかもしれません。

そもそも10月10日は体育の日で、この頃は残暑も過ぎさり、秋晴れの運動会をするにはふさわしい季節です。幼稚園では春の運動会はそもそも入園間もないので無理がありますし、9月は残暑が厳しいのと夏休み明けで長い休み後だけに、子どもさんによってはまだリズムを取り戻せず本調子でない場合もあります。
園生活のリズムも戻り、残暑も落ち着いた9月下旬頃が練習開始にはちょうど良い時期かなと考え、また佐倉の秋祭りを勘案し、逆算すると秋祭りの後の10月中旬が運動会になります。
夏休み明けの残暑が厳しい中、練習するのは子どももスタッフ(私)もどうかなという思いがあります。

運動会も今は開催時期の変更による時季の天気のこともあり、昼食なしで実施する学校が増えています。
午前中か昼食有が良いか意見が分かれるところですが、その基準は子どもの立場から考えることが肝要です。学校や保護者が基準ではありません。何か物事を変更したり新しく企画しても全ての人が100%満足することはありません。
私は幼稚園はあくまでも園児が主役であり生活する場として考え、園児の最善の利益を優先にしてきました。不謙遜な言い方かもしれませんが、子どもの利益を基準にすれば誰もが不満が多少あっても納得していただけると思うからです。
幼稚園(学校)は社会で認められ、税金も助成され非課税なのはひとつには子どもは社会の宝だからです。園は社会に「子どもの心身の成長」を還元する義務があります。
運動会もそうした大きな視点から考えなくてはいけません。
ちなみに本園は年少(3歳児)は心身を考慮して午前保育、年中や年長は昼食有で午後2時ごろ閉会です。
時代の流れもありますが、前述したことを考慮しながら、運動会の運営を考えていきたいと思います。

運動会最後の種目を飾る恒例の「旗体操」です。秋空に青と白の旗が翻ります。
園児が右手に持つ白い旗は「純粋な心」、左手に持つ青い旗は「素直な心」を表します。
DSC_0766 (800x533)

DSC_0771 (800x533)
  1. 2019/09/28(土) 18:59:34|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リトミック参観 | ホーム | 新しいブランコ設置に向けて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3910-b91beb6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)