FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

お盆

連日厳しい暑さが続きます。今週はお盆で園も休園、スタッフもお休みさせていただいています。今日の夕方に提灯を持って家族で先祖を見送る風景を何組か目にしました。
昨日14日午前中は佐倉市役所子育て支援課と来年度の移行についての打ち合わせをし、午後からは公私ともお世話になった市原市在住建具屋のKさん宅に家人と一緒に新盆見舞いにお伺いしました。葬儀に行けなかっただけに、仏壇の位牌にお線香をあげて、生前のお礼と冥福を祈らせていただきました。(7月14日付ブログに故人の記事を掲載)
ご家族としばし在り日の故人のお話しをしましたが、家でもよく幼稚園の話をされていたようです。
ご家族からも仕事への情熱とこだわりを持った職人魂を聞かせていただきました。今はただ冥福を祈るばかりです。

今週はスタッフに代わり私が日直です。プランターのマリーゴールド等は1日水やりを怠るだけでも枯れかかってしまいがちです。またウサギのチョコちゃんも日中は暑さを避けて、地中に掘った穴の中にいます。餌やりに扉を開けると穴から這い出てきます。水もよく飲みます。

職員室にはクワガタとカブトムシを飼育しているので、帰宅前に霧吹きで湿らせ、昆虫ゼリーを与えます。
クワガタやカブトムシを見ながら、我が家の子どもたちが幼稚園から小学生の頃によくカブトムシやクワガタ採りにつきあって出かけた日々を回想しました。
夜、何か所も水銀灯の明かりの下を見に行ったり、クヌギなどの樹液が出る木々を探しに行ったりしましたが、甲虫の生態に詳しい友人から物井にある里山の某場所を教えてもらい、昼間その場所のクヌギの木の周囲の地面を掘ると、必ずクワガタやカブトムシが出てきました。ただ清水も湧き出ているせいか蛇もいるといわれ、いささか恐る恐る訪ねた覚えがあります。
また当時「ムシキング」というゲームが流行っていたのも懐かしい思い出です。
昆虫採集は誰もが一度は経験するものかもしれません。飼育したりまた標本作製することで、昆虫の世界が身近に感じることができます。

夏休みも後半になりました。園児たちも思い思いに夏休みを過ごしていると思いますが、病気やけがに気を付けて素敵な夏日を過ごして欲しいと願っています。

蝉時雨も佳境のようです。園庭の木々の下にたつと、耳をふさぎたくなるほど蝉の声が賑やかです。
DSC_0578 (800x533)

DSC_0583 (800x533)

DSC_0589 (800x533)

  1. 2019/08/15(木) 17:20:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<警察ふれあいフェスタ2019 | ホーム | 就職説明会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3878-52ab5ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)