FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

就職説明会

昨日11日(日・山の日)は幕張メッセのホテルで一般社団法人全千葉県私立幼稚園連合会が主催した千葉県の私立幼稚園の求人に興味関心がある学生さんを対象にした説明会に参加しました。また午前中は常任理事として養成校の先生達をお招き会食しながら、就職事情や養成校からみた私立幼稚園求人の件で気づいたことなどを教示していただく会を担当しました。

年々ブースを出す園が増えており、今年は開催史上最高の80園が参加しました。それだけ自園を含め求人確保が大変な裏返しかもしれません。昨年求人募集を出したけれども問い合わせすらなかったと聞いています。
年々都心を中心に保育園も増えていて、足りない状況です。また民間企業の求人も増えていると聞いているので、今年は昨年度以上に幼稚園教諭の確保が困難かもしれません。
お蔭様で開始の午後2時から閉会の午後4時頃まで途切れることなく、ブースに学生さんが来て自園に興味関心を持っていただけたことにこの場をお借りして感謝いたします。

学生さん側から見れば、ある意味良いチャンスかもしれません。幼稚園や保育園の選択肢を広げるられることで、自分が学校で学んだ保育ができるような園を選ぶチャンスですし、個人的にはそれはそれで良いと思っています。もちろん仕事なので必ずしも100%理想通りになると限りませんが、学校でまなんだ本来あるべき幼児教育と乖離しすぎた教育方針の園に就職し、絶望して辞める先生達の悲劇は繰り返して欲しくありません。私はそうした事例はたくさん見聞しているので、学生さんには焦らずにじっくりと自分で選んでん欲しいと願っています。

園HPや今日各園で配布した資料を熟読するのももちろん良いのですが、一番お薦めするのは気になる園に見学に行くことが良いと思います。自分自身の目で園の雰囲気やスタッフと子どもとのやり取り等を五感で感じて欲しいと思います。
事前に連絡して見学する旨を伝えれば、どの園も学生さんの見学を歓迎してくれるはずですし、逆に言えば見学をさせてもらえない園はあまりお勧めできません。
また見学はあくまでも見学ですから、履歴書持参を強要したり試験のような意味合いで訪問を許可する園も留意したほうがよいかもしれません。
学生さんが素敵な園(縁)と出会って、ともに幼児教育に携わっていけたら、私も嬉しく思います。
最近は教育実習に行き、そのまま声をかけてもらい、その園に就職するパターンも聞きます。ただ自園は採用があった場合はあまねく公平に誰もがチャンスを選択できる機会になるように心掛けています。
その際は各養成校に求人票を送付させていただいています。

緊張気味に訪問してくださる学生さんにリラックスしていただけるように南国ムードの雰囲気の中、歓迎の謝意をこめてレイをかけさせていただきました。主に1年目のS先生を中心に4年目のI先生とO先生が対応させていただきました。
園長や副園長よりも現場で頑張っている若い先生達のほうが学生さんにとっても話しやすく、質疑応答も弾むのではと思っています。
終了後は、私と副園長とスタッフ3人の計5人で夕食を食べながら、今日の様子を振り返るとともに祝日にもかかわらず出勤してくれたスタッフの労をねぎらいました。

DSC_0559 (800x533)

DSC_0561 (800x533)

私もアロハでお出迎えをしたかったのですが、午前中養成校の先生達との会食があったので、断念しました。
寄贈してくださった卒園アルバムも活用させていただきました。
DSC_0571 (800x533)
  1. 2019/08/12(月) 23:23:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お盆 | ホーム | 沖縄に想いを寄せて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3877-df3f7a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)