FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

水撒き

厳しい暑さが続きます。
くまキッズ(預かり保育)の子どもたちも夕暮れ前のひと時、「水」で楽しんだようです。
日にもよりますが、およそ10人~25人ぐらいの子どもたちを預かっています。今日は20人でした。
子どもたちはホースの先から出る水を見ながら、濡れないように逃げたり、中にはわざわざ濡れたりと楽しんでいるようです。夏ならではの光景です。

常々話すように「おひさま・水・土」幼児の心身の成長には欠かせません。0歳や1歳ならともかく、2歳以上の子どもたちがそうした環境のない場所でも良しとする今のあり方に、子どもたちの将来を考えたときに仕事柄不安に思います。
経済的な要因等で働かざるを得ない家庭の事情もあると思います。未来の大事な子どもたちを育てているためにも、十分な補助したほうが、前述した場所を作り、預かるよりもコスト的にこれから先の少子化を考えたときにも良いように思います。
0歳や1歳の預けるコストは子ども一人当たりかなり高額です。
子どもが伸び伸びと遊ぶ環境が、どれだけ大切で必要か、研鑽すればするほど実感しますし、日々の子どもたちの活動からいつも気づかされます。

夏に水撒きをすると、子どもたちはホースから出る水のみに夢中で足元には気づきませんが、水撒きをすることで足元の土がぬかるみ、足を取られたり転びそうになる子どももいます。こうした経験から土の性質や変化を知ります。水たまりやぬかるんだ場所での歩く体験も大事です。
私が園長である限り、園庭の全面芝生化はないと思います。
幼児にとって良い意味での不自由さも大事です。

DSC_0429 (800x565)

DSC_0427 (800x566) (2)
  1. 2019/08/05(月) 17:04:32|
  2. 幼児が学ぶ大切なもの~事例から~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<暑中お見舞い申し上げます | ホーム | 抜け殻>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2019/08/06(火) 19:50:13 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

「元保護者」さん,今晩は。コメントをお寄せいただきどうもありがとうございました。
とてもうれしく思います。まして「元」ということは卒園後も関心持っていただけたことは大変ありがたいことです。
働く働かないかはおっしゃる通り、個人の自由です。但し子どものそばにいたくても、止む得ず働かなくてはならない人が大勢いるのも事実です。全くの私見ですが0歳や1歳のかかるコストを子育てしている家庭に対価であげても良いと思います。
もちろん仕事を中断して休暇をとることで、仕事の質が下がる仕事や仕事をやりがいとしている人もいるので、それは各個人の自由です。
ひとつ誤解されているようですが、以前このブログでも書きましたが、現代は男女共同参画社会ですから、女性が働くことについては否定的なことは話したことはありません。男性が育児休暇を取っても良いと思います。

日本は残念ながら幼児教育への理解は他の諸外国に比べて十分とは言えません。最近は「教育経済学」という学問の中で、質の高い幼児期の教育が大人になったときに色々な面で左右されるといわれいます。
それも保育料無償化の一つの理由だと思います。

おっしゃるとおり批判すべきは最終的には国かもしれません。でもその国を作っているのは私たち大人です。子どもにとってどういう環境が良いのか、どういうワークバランスや男女共同参画社会の中で各家庭のライフスタイルが良いのか。もちろん個人の自由といわれてしまえばそれまでですが、肝心の子どもたちの声はかき消されてしまいがちです。
子どもたちは親の選択したその場所で過ごします。幼稚園や保育園又無認可施設それぞれの環境の中で子どもたちを一生懸命保育してくれます。承知済みです。だからこそ私はブログでも施設や働いている人の良い悪いは話しません。
例えば無認可というとマイナスのイメージを持たれる方もいらっしゃいますが、私が見聞する限り、良心的な施設がたくさんあります。満足な予算のない中で安い給与でも子どもや親の事情を知って受け入れ頑張っている施設もあります。夜の仕事についている方のための繁華街にあるベビーホテルなどは交代制で24時間受け入れ可能なところがあります。

このブログは子どもが育つにはどういう環境が良いのかを自園の子どもたちの様子を例に伝えるだけです。それをどう解釈するかは読み手の自由ですしそれには社会はどう子ども達を育てていけば良いかを考えるきっかけになるかもしれませんし、ならないかもしれません。もちろん教育に絶対はありませんし、またこうした本園の教育方針はどうかなと思う方もいると思います。

再三で恐縮ですが、子ども達の声を届け、それを次世代の社会にいかすきっかけのひとつになれば望外の喜びです。
コメントをお寄せいただき、どうもありがとうございました。また何かお気づきのことなどありましたら、お待ちしています。
  1. 2019/08/09(金) 01:48:50 |
  2. URL |
  3. 佐倉城南幼稚園・園長 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3871-7d0d349a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)