FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

哀悼

幼稚園の保育室の扉は全て木製です。特に八角堂と呼ばれる桃2組の部屋以外の五つの保育室の扉は全て特注の無垢材の木製品で、床も無垢材です。園児たちに木の良さ(木育)を知ってもらいたいという思いで、改装工事の際に既製品のサッシの扉を使いませんでした。この難しい願いに力を貸してくれたのが、長い付き合いのある建具屋のKさんでした。先日扉の不具合があり、修理をお願いしたところ、すでに亡くなられ家族葬で営まれたことをお聞きしました。70代の若さでの急死でした。亡くなる1週間前に所用で来園、お会いした矢先でした。
公私とも親しくさせていただき、園や自宅の建具関係はすべて手がけてくれました。

本日懇意の大工さんに頼み、扉を修理しましたが、職人がどんどんいなくなる現状を嘆いていました。幼稚園のメンテナンスには様々な職人さんの力が大きく、私なりに見えない細部までこだわっていることも多く、遊具も私の思い(イメージ)を形にしてくれています。例えば川と滝と砂場の遊具、ツリーハウス、山砂の遊び、森のウッドデッキなど色々とあります。
午後も工事の打ち合わせで電気屋さんというよりも電気職人と呼んだほうが良い先代からおつきあいのある電気屋さんが来てくれ、やはり職人の高齢化や希望者の少なさを嘆いていました。
もちろん職人さんが全くいないわけでもなく、志のある若手も見聞しますが、圧倒的に少なくなっている現実は否めません。
賃金の安さや大手が仕事を独占していく現状、職人ならではの腕を理解してもらえない世情等要因は色々あると思います。

故人は来園するたびに「園長先生よ~、できるだけ元気なうちに作りたいものがあればやるからよ~」といつも快活に笑いながら話してくれました。合掌。

DSC_0247 (800x565)
  1. 2019/07/12(金) 23:33:51|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<風鈴 | ホーム | 笹送り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3851-82b1f2f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)