FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

給食紹介

今週の給食の紹介です。給食には主食(ご飯)ありと副食のみの2種類から選べます。私も検食を兼ねていただきます。子ども用の分量なので、食べ盛りの私には量的には少ないのですが、メタボ気味の私にはちょうど良い分量です。ふたりの自分の中でいつも葛藤していますが、健康面や長生きを考えたら、メタボ気味の私がいまのところ勝つようです。
食材は原則生活クラブ生協のものを使い、一部冷凍もの以外は国産品を使い、幼児向けの給食会社の中では食品の安全性は高いと思います。また加工品はハム、練り物、ソーセージなど一部以外は使用せず、当日朝厨房で食材から料理しています。

給食の特徴
・食材へのこだわり~確かな食材~
・食材は一部入手できない場合を除いて、生活クラブ生協の食材を使用しています。
・食材の野菜、肉は全て国内産です。飼料に抗生物質や合成抗菌などは不使用です。魚類は原産地(漁獲した場所)として外国産があります。
・野菜は有機・無(低)農薬栽培です。
・冷凍食品は魚類以外使用していません。魚類は原産地からの輸入の関係上冷凍になりますが、場所、処理方法についての情報は把握しています。
・加工食品はハム、ソーセージ、練り物のみでまた化学調味料や保存料などの添加物は使用していません。
・食材は全て生産地、生産者、農薬の使用、出荷方法等を含めた全ての情報を把握しており、素性のわからない食材は使用していません。
・遺伝子組み換えのものは一切使用していません。
・献立は副食3品になり、バランスを考えながら調理します。

○食材の素性について
・豚肉は山形件酒田市郊外の平田牧場育ちの三元交配豚。
三元豚とはランドレース:発育が早く、子沢山
デュロック:強健で、赤身にきれいな脂がはいる
バークシャー:いわゆる黒豚
この3種を平田牧場独自の方法で掛け合わせています。

・鶏肉は群馬県の全農チキンフーズが生産しています。
・豚肉も鶏肉も卵も勿論*NON-GMOで、PHFの豚肉で育てられています。
*NON-GMO食品とは、遺伝子組換え原料を含まない、またはその割合が極めて低いと 認められた食品の総称 PHF食品とはポストハーベストを使用していない飼料(トウモロコシ等)

ていねいな調理
配食も大切な保育の一部と考え、幼稚園側と協力して手間のかかる盛り付けを省略し,その分しっかりと調理に手間ひまをかけて、ていねいに手作りしています。旬の素材をふんだんに使い、持ち味を生かし、形や歯ごたえを残してうす味で仕上げています。

アレルギーへの対応
どの子どもにも同じ給食の機会が得られるよう、食物アレルギーをもつ子どもさんに対しても、できるだけ対応しています

6月3日(月)鶏のハーブ焼き、春雨サラダ、グラッセ
DSC_0126 (800x566)

6月7日(金)魚の西京焼き風、肉じゃが、ごま酢和え
DSC_0004 (800x519)
  1. 2019/06/07(金) 16:25:53|
  2. 給食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大型絵本と音楽とのコラボレーション | ホーム | 歯科検診>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3815-18ea980a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)