FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

昆虫探し

五月晴れの気持ち良い天気が続きます。
外気温が高くなるとともに、地中にいた虫たちも活動が活発になり、この頃から堆肥場での虫探しも本格的に始まります。
地中にいる虫同様園児たちも活発に動き始めます。在園児はもとより新入園児たちも入園して早1か月が過ぎて、外遊びの楽しさを覚え始めています。
シャベルを片手に、まるで宝探しのごとく蟻、ミミズ、ダンゴムシやハサミムシ時にはカナヘビ等生き物を探しに園庭特に菜園近くの堆肥場に出かけていきます。
宝物を見つけると、職員室に置いてある幼虫を入れる容器をもらいにやってきます。大事そうに入れて、愛する者たちの待つ家庭への何よりのお土産にしようと意気揚々と職員室を後にします。
また木の葉など園庭で見つけた自然物を入れる袋も同様に解禁です。

保護者の中には虫など苦手な方もいると思いますが、子どもさんと話し合って飼育するなり、話し合って公園などに放すしていただければありがたいです。
子どもにとっては大人が思っている以上に大事なかけがえのない宝物ですので、ご配慮をいただければありがたいです。
子どもたちの根気よく掘る姿を見ていると、以前卒園生が校庭で何かを拾い、それを家に持ち帰ろうとして小学校の職員室に袋か何か(容器)をもらいにいったという話を教えていただいたことがあります。さもありなん、でもなんだか嬉しい心温まる話でした。
毎年のことながら、この光景も晩秋まで続くようです。

DSC_0294 (800x535)

DSC_0333 (800x535)

DSC_0335 (800x535)

DSC_0299 (800x535)

自分たちで容器を選び、シールに名前を書いて貼ります。
DSC_0317 (800x535)

DSC_0320 (800x535)

自分たちで名前を書きます。文字に親しむ良い機会です。
DSC_0330 (800x535)

宝物を嬉しそうに見せてくれます。
DSC_0337 (800x535)

時にはカナヘビも捕まえてきます。これはクラスで飼育するようです。
DSC_0312 (800x535)


  1. 2019/05/13(月) 23:42:32|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<年少組粘土で遊ぶ | ホーム | 母の日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3788-e29aa48a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)