FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

無償化に想う

今年は例年にくらべ春の暖かさが足踏みのようです。早く屋外で春の暖かな空気を浴び、心身ともあたたまりたいと願っています。春休みを利用して、いくつか研修に参加しましたが、やはり秋から実施予定の教育の無償化と働き方改革による労働時間のあり方についてが大きな関心事でした。
本園も労働環境について顧問の社会保険労務士からアドバイスをもらうときもあります。やはり幼稚園は園児と近い現場の先生が一番大事です。勤めやすい職場環境は質の高い教育にもつながるので、より働きやすいような環境にしなくてはと思っています。

またこの秋から実施予定の教育の無償化ですが、保護者の負担軽減を考えるとよいと思われがちですが、消費税が8%から10%にあがるので、消費税の負担と保育料の負担の差額はどれほどの違いになるのでしょうか。また無償化になる前は私立幼稚園ごとにそれぞれ金額が違い、それはその園の教育に基づいた金額であり、教育方針とも絡めてきました。
しかしながら保育料が無償になることで、入園を選ぶ際に教育方針よりもより親にとっての本来の教育とかけ離れたサービス面で選ばれていく傾向になるのではと心配しています。
学校は利益を第一とする営利法人とは違い、非課税の学校法人だけに子どもの利益が優先です。保護者の便利さと子どもの利益が常に同じとは限りませんし、時には相反することがあるのは教育現場にいると実感する時があります。
また質の高い教育をするにはそれに見合う遊具や教具を揃えなくてはならず、それなりにコストもかかります。安かろう悪かろうというわけにはいきません。また現場のスタッフにもそれなりの対価を支払うことは大切です。そのバランスも各園それぞれに特徴がありました。どの子どもも平等に質の高い教育を受けることには大賛成ですが、無償化の流れの中で、どう自園らしさを維持していくのか、今回の研修でも各園の理事長や園長先生同士でその話題で盛り上がりました。

P1040583.jpg
  1. 2019/04/02(火) 20:39:16|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木製遊具 | ホーム | 新しい始まり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3747-d6c2cfe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)