FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

遊びを組み立てる

先週の金曜日にぐみの木に常緑樹の枝がかかるために、枝を一本切り落とし、子ども達が遊びの中で使うかもしれないと思い、切ったまま放置していました。
予想通り、午後の自由遊びの時に何人かで早速その樹を使いながら、ごっこ遊びをはじめていたようです。今日も引き続き楽しんでいた様子です。
自分で見立てながら遊びを作る力は、子ども達にとって非認知能力を育むうえでも有益です。

また自由遊びの時もふんだんに色々な廃材を使いながら、自分で自由に工作をして遊べますし、また時々先生が造形コーナーとして廃材を利用した造形工作を教えてくれます。
手先を使って自由な発想で工作を楽しんだり、先生からおもちゃやアクセサリー作りを教えてもらったりする時間も楽しいものです。

DSC_0010 (800x533) (2)

DSC_0005 (800x533)

枝を一本橋に見立てて、ゆっくりと渡ります。
DSC_0016 (800x533)

年長組のお姉さんに続いて、学年がひとつ下の年中組の女の子も挑戦しました。
DSC_0019 (800x533)

DSC_0015 (800x533)

小枝をもぎ取り、何かに見立てて秘密基地のようにして遊んでいくのでしょうか。遠目で見守っていました。
DSC_0001 (800x533) (2)

DSC_0002 (800x533)

保護者の皆さんの温かなご協力のお蔭でたくさんの廃材やカップが集まり、ふんだんに使えます。ありがとうございます。

園庭で見つけた葉や小枝や虫などを入れて家に持ち帰るカップ類です。子どもにとってはかけがえのない宝物です。子どもを大事するということは、日々のこうした大人から見たら一見何気ないことかもしれませんが、そうした気持ちを汲みとり、用意してあげることも大事なことです。
以前、小学校に進学した卒園児が校庭で見つけた虫か葉か定かではありませんが、何かを見つけ家に持ち帰ろうとして職員室に行き「持ち帰るカップをください」と話したそうです。その話を後から聞いて、「さすがね」とスタッフで微笑みました。是非はともかく嬉しい微笑ましいエピソードです。
DSC_0005 (800x533) (2)

箱工作など自由に遊べます。保護者の皆さんのお力添えで、普段からふんだんに思う存分使えます。
また卒園した元保護者の方がわざわざ届けてくださる時があります。ありがたいことです。
DSC_0004 (800x533)

DSC_0001 (800x533)

DSC_0053 (800x533)

DSC_0014 (800x533)

DSC_0015 (800x533)

DSC_0006 (800x533)

DSC_0007 (800x565)
  1. 2019/01/28(月) 18:24:00|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<竹馬 | ホーム | いい匂い、もうすぐ食べ頃?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3694-f11984fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)