FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

酷暑

今日も暑い暑い日々でした。昨日ブログでも紹介した東京学館が千葉経済大学附属高校に勝ち、ベスト16へ駒を進めました。その勢いで次も勝ち進み、東千葉大会代表として甲子園出場を果たして欲しいと願っています。頑張れ。当時大塚君のクラス担任で今は主任のS先生もとても喜んでいました。
だいぶ前ですが、自分の母校のN高校が甲子園に出場した時に家族で応援に行ったことがあります。当時小学生の息子は少年野球に夢中で、初めて見る憧れの甲子園に興奮気味でした。今となっては家族の良き思い出です。
東京学館もこの勢いで是非とも甲子園出場を目指して頑張ってください。出場のあかつきには万難を排して応援に行きたいですね。母校N校もまだ勝ち残っています。どちらも順調に勝ち進んでいくと準決勝で相まみえるのでしょうか。

さて酷暑が続く中ですが、先日訪れた居酒屋の話を酷暑にちなんでお話しをしたいと思います。すいません全く幼児教育の話はありません。単なる居酒屋訪問記です。
先週13日(金)夕方から、来月実施する教員研修大会の打ち合わせ兼暑気払いを兼ねて市原市の五井に行きました。駅で友人の園長と待ち合わせましたが、約束の打ち合わせの時間まで少しあり、打ち合わせのホテルに行く前に駅前で暑いので軽く一杯と、地元の彼が案内してくれたのが、Tというお店です。

昼の暑さが残る夕暮れ時だけに、涼しいところで涼むと思いきや、入室しても外気温と変わらず、むしろお店の中央に焼き場があるので、かえって暑いぐらいかもしれません。お店の中を見渡すと室内には冷房装置(クーラー等)がなく、玄関は開け放たれ、室内の窓も開かれていました。確か扇風機もなかったように記憶しています。
涼む道具として唯一ℋ団扇が置かれていました。
立ち飲み屋ですと、クーラーがないお店は見かけますが、こうした一軒では今時珍しいかもしれません。でもお客さんも6分ほどの入りで、後からもひっきりなしにお客さんが入ってきて、いつのまにかほぼ満員の状態になりました。
私個人的にはこのようなお店は好きです。お店の空気感がとても気持ち良く、お客さんも暑そうにしていながらも、それぞれが楽しそうに思い思いにお酒を楽しんでいる様子がうかがえます。賑やですが、落ち着いた感じでのんびりした感じがします。チェーン店の居酒屋のような阿鼻叫喚のような声が響くおじさん世代にはつらい雰囲気は全くありません。
皆さん団扇を扇ぎながら一杯を楽しんでいます。なんとなく昭和時代の酒場を彷彿させるようです。

友人と二人でカウンターに腰掛け、焼き鳥を前の焼き場担当のおばさんに告げたところ、忙しいのでメモ紙に記入してと言われ、注文を渡して待つこと30分少々、しかしながら出てくる気配がなく、改めて聞くと「ごめんなさい、忘れていたわ 今から焼くけど待てる」とすまなそうに一言ありました。暑い中、汗をぬぐいもせず、ほとんど前かがみ状態になりながら頑張っている姿を見ているだけに「忘れたことは全然気にしないけど、先があるので、また次回にお願いしますね」と返答してお終いです。

決して肴がすぐ出てきたりするわけでもなく、献立を見ても極めてシンプルな居酒屋定番のつまみがあるだけです。もちろん値段も良心的な価格です。それらを加味してさらに目には見えない居心地の良さも人気の秘密かもしれません。
暑い中を普通でしたら冷房がある涼しい場所で飲食することもできるのに、わざわざこのお店に訪れる何かはたぶんお店と訪れるお客さんで作り醸し出す雰囲気が一番の売りかもしれません。居酒屋の神髄だと思います。お互いを良い意味で許しあえるお店とお客さんの心の余裕がまた癒されるかもしれません。
今の時代はとかくお互いに心の余裕がなく、ぎすぎすとしたやり取りや会話、デジタルな思考、またすぐに白黒をつけたがったりしてグレー(灰色)を許されないところがあるだけに、余計貴重な存在かもしれません。

想像ですが、クーラーを入れとようとしたら、もしかしたら常連さん達がそれは勘弁して欲しいと訴えるかもしれません。
暑さを超えて頑固に頑張る居酒屋に心からの敬意を表します。機会ありましたら、食べそびれたもつ焼きを食べに再訪したいものです。

おじさんには嬉しい白と黒のホッピーがありました。
P1000666 (800x600)

微笑んだ浴衣姿の美女に団扇で扇いでもらうと、おじさんはついついでれでれとして、杯がすすみます。(笑)
P1000667 (800x600)

  1. 2018/07/16(月) 15:21:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リトミックを楽しむ | ホーム | 第100回全国高等学校野球選手権記念大会東千葉大会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3534-2305eb7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)