FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

南部地区幼稚園説明会

今日は南部児童センターが主催する佐倉市南部地区方面の私立幼稚園(佐倉くるみ、千成、慈光、佐倉城南)4園と公立幼稚園(佐倉、和田、弥冨)3園の合計7園が来園度入園予定の保護者対象の幼稚園説明会が午前10時から午後12時ごろまでありました。各園のプレゼンテーションも10分いただき、それぞれの園が自園の特徴などを説明し、その後ブースに分かれて参加者が興味ある各園のブースを訪れて、質疑応答などをする企画です。あいにくの猛暑日でしたが、それにもかかわらず、熱心な保護者の方で賑わっていました。
また土曜日ということもあり、ご夫婦で参加されている姿も目につきました。私は正直こうしたプレゼンテーションは得意ではなく、各園の皆さんの立て板に水を流すような説明を聞いていると、羨ましくなります。
主に普段の園庭での自由遊びビデオを流して園の雰囲気(空気感)をしってもらいたくて、大半の時間はそれに費やしました。
当初は各行事や音楽発表会や創作をメインとした音楽劇発表会等に言及することも考えたのですが、「あれもやります、これもやっています」「こういう行事がたくさんあります」と話すよりも、普段の日常の一端を知ってもらい、そのうえで興味があればそうした教育内容を聞いてもらいたい思います。
手前味噌ですが音楽教育もふたりの音楽講師のご指導もあり、かなりレベルは高いと自負しています。でもそうした質の高い教育も普段の保育の積み重ねであり、また自由に遊びの中で子ども自らが学び、習得していく環境が大きいと思います。

高校や大学などと違い幼稚園は当事者である子ども自らがなかなか園を選ぶことはできません。どうしても保護者の都合が優先されがちです。都合が教育内容ならまだしもそれ以外ですと少し寂しい気がします。
そのためにも、色々な園を子どもさんと一緒に訪れ、園風を知ることをお勧めしました。
毎年本園でもそうですが、初めて我が子を入園させてくださった保護者の方に入園理由をお聞きすると、少数ですが、必ずと言っていいほど「子どもが園庭で遊んで、この園が行きたいといって選びました」と話される方がいます。
とても嬉しいですね。本当に幼稚園冥利に尽きます。(もちろんどんな理由でも大歓迎です)
初めての人生初の学校選びを我が子に選択させる、しかも複数の園見学に行き、一番大事な園庭で遊ぶ経験をきちんとさせたうえで、判断を任せることは素晴らしいことと思います。子どもが選んだ以上、親として時には揺れ動くかもしれない中で、我が子の選択を信じるてあげることは大きな決断かもしれません。
でも幼稚園時代は理解しづらいかもしれませんが、子どもさんが大きくなった時に「何故○○幼稚園に入園したの」と聞かれた時に、「色々な幼稚園に行き、あなたが自らが選んだからだよ」と伝えたら親を誇りに思うと思います。「自分をひとりの人間として人格を認めてくれたんだ」という信頼関係と自信にもつながります。
それに意外と子どもさんは自分で行きたい園を選ぶ力は保護者が想像している以上にあるものです。
むしろ遮るのは親のこだわりかもしれません。でも通園するのは親ではなくて子どもです。

私事ですが、私も子ども達には義務教育の小学校以外は大学まで自分で選択させました。中学校は私立を受験をしても良いと伝えましたが、結局塾は行っていましたが、公立にお世話になりました。高校や大学は受験校を聞いた時にこういう学校があったのと初めて知った学校に驚かされたものです。でも自分で希望してこういう理由で進学したいと言われた以上、どうぞ頑張ってねとしか言えません。自分の人生ですし親の人生ではありません。後で親のせいにされても困ります。自己責任です。自分もそうして生きてきました。

本園は特に園見学日はあえて設けていません。何故ならありのままの園を見ていただきたいからです。素顔のままの幼稚園でいたいですね。できれば天気が良い園庭で遊べる日に来てくださると、子どもさんも公園のようにして楽しめます。
防犯上、事前に電話だけ入れていただければ大丈夫です。当日でも基本は大丈夫です。
いつでもお待ちしています。
佐倉市内の各園ともそれぞれに頑張ってお互いに切磋琢磨していますので、色々な幼稚園見学をして子どもさんにあった園を選んでくだされば何よりです。どうぞよろしくお願いいたします。

真夏日が続くようです。十分ご留意ください。炎天下は極力避けましょう。
IMG_2664 (800x565)


  1. 2018/07/14(土) 23:49:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第100回全国高等学校野球選手権記念大会東千葉大会 | ホーム | 避難訓練>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3532-a5dafbf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)