FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

お出かけ日和(?)

午前中は昨夜の雨が残りましたが、先ほどから天気が回復し、晴れ間が見えてきました。
これから都内で私的な有志の集まりの勉強会があるので、それに顔を出す予定です。昨日も園で仕事を終え、夕方から渋谷で大学時代の部活動の関東地区在住のOB会の総会があり出かけてきました。(単なる飲み会かも)
普段渋谷に行くことは先ずないので、相変わらず人ごみの雑踏の中、都会に疎い田舎者の私は道玄坂付近で会場の居酒屋を探すのに手間取ってしまいました。幹事の人には申し訳ないのですが、どうも前回の新宿といい、今日の渋谷といい、中年のおじさんにはあわない雰囲気の街で、できたら錦糸町や浅草や赤羽といった下町のホッピーが飲める雑居ビルのチェーン店でなく、家族経営のしもた屋風の一軒家の居酒屋だと嬉しいかなと勝手に思ってしまいます。

例年ですと、全国大学選抜選手権に出場する現役選手の激励会を兼ねるのですが、今年は予選でまさかの敗退をしてしまいました。当時は体育会として結構練習も厳しく、先輩後輩の上下関係も厳しかったのですが、今は皆さん好々爺で孫の自慢話で盛り上がっていました。
「井出君、今の保護者は自分の子どもだけしか見えないから大変だろう」と何人もの方が、私の仕事を知っており、気をつかってくださいました。とてもありがたいことです。
私は「親ですから我が子が一番なのは当然ですし、心配するのは無理ないと思います。幸いうちの保護者は私立ということもあり皆さん教育方針を理解したうえで、選んで入園してくださるので、ありがたいです。それに皆さん良い人ばかりですから。多少あっても、親ではなく子どもの視点で話せば、ご理解しようとする方ばかりですから、ありがたいです」と話しました。
中には退職して、小学校のボランティア活動(通学パトロール等)をしてくださっている方もいます。
ただ口々に聞くのは「所詮、子どものしつけは本来は家庭の範疇、学校は集団でしかできない教育をする場所、それが今はなんでも学校にお願いするから、学校の先生が疲労困憊したり病む人がいる」との意見には賛成です。
要はそうすることで、最終的には子どもの不利益になります。
今は大きな研修大会の分科会(テーマ)にだいたい「保護者対応」があります。逆にいえば、それだけどの園も他人事ではなく、困っている証かもしれません。

先ほど仕事の手を休めて、雨あがりの園庭を気分転換にカメラを片手にうろうろ歩いていると、畑の枝豆もいつの間にか実をつけ始めています。
枝豆は菜園では初めての試みです。畑は普段は元園バス運転手のK先生が管理して、園児達ができる範囲で関わりまた収穫は園児達が担当します。
きゅうりも年長2クラスと黄組が朝採りを昼食時に食しました。今週には全クラスにまわれるのではと思います。旬の夏野菜を食べて、来る夏の暑さに備えたいものです。

DSC_0013 (800x535)

花から実へ、こうした見聞が本当の学びです。
DSC_0022 (800x535)

植物の葉や茎や実の周りについている*うぶ毛のような存在も教えてあげたいものです。
DSC_0019 (800x535)

*うぶ毛について
これはトライコーム(trichome)というものです。trichomeにはギリシャ語でgrowth of hairという意味があります。毛状突起と訳されますが、トライコームとカタカナで書かれる事も多いです。植物の表皮細胞が伸びたもので、植物種によって単細胞のものも、多細胞のものもあり、随分長いものから、とても短い棘のようなものまで様々です。長い物としては、ワタの種皮のトライコームが綿です。トライコームの役割は、それぞれのトライコームによって違っていますが、強い光に対する防御、強風時に気孔から過度に水分を失う事を防止する役割、小さな害虫が葉の本体に近づきにくくする役割などが言われています。さらに、多くの植物で、トライコームは特殊な物質を貯めています。たとえば、バジル、ミント、タイム等ハーブの匂い物質はトライコームに貯められており、害虫を予防しています。トマトのトライコームにも害虫を寄せ付けない成分が入っているようで、トライコームに異常があるトマトの突然変異体は害虫に食われやすいという論文もあります。これらのトライコームの成分はテルペノイドやフラボノイドが多いようです。
「一般社団法人日本植物生理学会HP みんなのひろば 植物Q&A 草本植物の産毛? の役割」より引用。
  1. 2018/06/24(日) 13:17:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<内科検診 | ホーム | てるてる坊主>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3514-0281c6d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)