FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

研修

今日は千葉県教育庁が主催する「平成30年度園長等運営管理研修」に出席するため、国立大学法人千葉大学教育学部附属幼稚園に出張しました。県内の私立幼稚園や国公立幼稚園の園長40名弱が集まり、午前中は附属幼稚園での保育見学や教育方針の説明等、午後からは講師の先生の話や6、7名のグループに分かれて自園の課題等の話し合いました。
附属幼稚園は久しぶりの訪問ですが、ずいぶん園庭も様変わりして、特に山を作り、そこに滑り台を設置して冒険心を育める遊具が目につきました。見たことのある作りだなと思い、副園長にお聞きしたら、指導は私も存じ上げている建築士で、所属している野育の会にも携わってくださっています。私立幼稚園ならともかく国立の幼稚園でこうしたリスクのある遊具(ハザードはありません)をよくぞ作り上げたなものだと感心しながら、遊びこんでいる園児達の姿を観察しました。

午後の話し合いでは下記の点が主な課題のようです。「隣の芝は青く見える」の例えではありませんが、皆悩みは同じような課題があるようです。でも悩んでばかりいても、子ども達は日々通園し成長します。課題を良い形で前向きにとらえて、どうしたら良いかを保育にいかしたいものです。子ども達は声をあげられなしい、時には大人の理不尽な仕打ちにも耐えなければなりません。
時には代わって声をあげて、社会や保護者に訴える必要性を感じます。これからもこのブログでも時には辛口で社会や保護者の耳に痛いこともお伝えしたいと思います。お許しください。(笑)

話し合いであがった主な課題
・少子化による園児数の減少と経営悪化
・幼稚園教諭や保育士採用の困難
・幼児は遊ぶを通して学ぶが、勉強と対比されがちで、幼児教育への理解のしづらさ
・支援を必要とする子どもが増えていて、スタッフの雇用を含めた対応
・長時間子どもを預かることで、将来の子ども達の育ちが不安
・新制度の事務量の増加
・新制度へ移行する際の制度面や保護者への反応が不安

前回のブログでもお伝えしましたが、幼児教育は環境(人的・物的)を通して行います。下記の幼稚園教育の基本をご一読いただけると、参考になると思います。
皆様にも滑り台をお見せしたいのは山々ですが、写真撮影は許可されましたが、研究目的のためのみで、SNS等への投稿写真は一切禁止のためご賢察ください。

第1章総則
第1 幼稚園教育の基本
幼児期の教育は,生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものであり,幼稚園教育は,学校教育法に規定する目的及び目標を達成するため,幼児期の特性を踏まえ,環境を通して行うものであることを基本とする。
このため教師は,幼児との信頼関係を十分に築き,幼児が身近な環境に主体的に関わり,環境との関わり方や意味に気付き,これらを取り込もうとして,試行錯誤したり,考えたりするようになる幼児期の教育における見方・考え方を生かし,幼児と共によりよい教育環境を創造するように努めるものとする。
これらを踏まえ,次に示す事項を重視して教育を行わなければならない。
(略)

今週12日(火)に年長組で佐倉市の城址公園に花菖蒲を見に行きました。今年は例年よりも開花が早いようです。盛りを過ぎましたが、今週末まで楽しめるようです。
DSC_0856 (800x535)

DSC_0886 (800x535) (2)

DSC_0884 (800x535)

DSC_0886 (800x535) (2)

DSC_0865 (800x535)
  1. 2018/06/13(水) 23:58:45|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月誕生会 | ホーム | 雨の日の自由遊びから>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3504-721e5d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)