FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

虫捕りと容器

先日の保護者の皆さんにお便りで容器や空箱寄贈のお願いをしたところ、続々と持ち寄ってくださり、感謝しています。
今日から早速昆虫を見つけた子どもたちが、虫を入れる容器をもらいに職員室にやって来ました。
もっともあいにくの曇り空で、虫たちもあまり姿を見せず、午後からは雨が時折ぱらつくあいにくの天気で、早々と園舎内にひきあげました。
保護者の皆さんの中には、もしかしたら虫が苦手の方もいらっしゃるかもしれません。そのお気持ちも否定はしません。誰でも苦手なものがあるのは当然です。でも子どもたちが容器に入れて持ち帰った大事な宝物を、あからさまに否定する言動は避けてもらえるとありがたいです。
先ずは補虫したことへの共感をしてもらえるとありがたいです。子どもにとっては、虫を捕まえることは時には苦労したりしてやっとの思いで捕まえた本人のみがわかる思いがある時もあります。そうした気持ちを汲んで、頑張って捕まえてきたねと一言伝えるだけで、子どもはどんなに嬉しいことか。やはり好きな人(愛する人)から、自分の気持ちを理解してもらうことは、どんなに幸せか、これは大人も同じだと思います。全ては「愛」の世界です。

子どもは虫を捕る時は、とることそのものに夢中で虫の姿や生態はほとんど見ていません、というか見る余裕がありません。
容器(虫籠)に入れて、初めてゆっくりと虫を見て対話をします。その時にじっくり見て、愛でて、餌は何かなとか図鑑などで調べていくものです。
そこがいつも話す実体験を通した学びです。せめてそうした時間を与えて欲しいと願っています。そのうえでそれぞれに家庭の事情(虫が苦手、室内でちょっと難しい等)もあるでしょうから、飼育することが難しい理由をわかりやすく話してもらえれば、子どもさんなりに納得すると思います。その後、公園などに放してあげても良いかもしれません。

一番子ども心を傷つけるのは、昆虫や虫採りそのものを大人の都合(論理)のみで否定してしまうことだと思います。そうすれば当然、昆虫(生物)に興味関心を持たなくなるのは自明の理です。
もちろん子どもさんによっては、虫が苦手な子どもさんもいます。でも幼稚園に入園した当初は苦手でも、卒園する頃には大好きになったという子どもさんもたくさんいます。無理なく、自らが興味を持つまで時には気長に待つことも大事です。

蓋つきの容器は何故か人気があります。ダンゴムシなど蓋がなくてもカップに入れておけば、容器の内側を登れないので、大丈夫と話すのですが、子どもなりに蓋がないと逃げてしまうのではないかと心配しているようです。
でも考えてみれば、大人はその習性を知っていますが、初めての子どもはそのことがわかないので、心配も当然かもしれません
形状の違う様々な容器を探す光景で、これから職員室も賑やかになると思います。園にも補虫網や虫籠また飼育箱もいくつか用意しています。しかしながら佳境になると、持ち帰る箱が足りなくなるので、寄贈してくださった容器で代用させていただいています。
ちなみに一番人気は土の中にうごめく幼虫(カナブンの幼虫)、次にダンゴ虫やミミズでしょうか。蟻も根強い人気があります。カナヘビは捕まえるのが難しいようです。
また空箱等の廃品も造形工作等に活用させていただきます。
常時募集中です。無理のない範囲で、どうぞよろしくお願いいたします。

DSC_0672 (800x535)

以前の光景から。中には向かって右側の容器にはダンゴ虫、左側にはダンゴ虫とミミズが入っていたようです。
DSC_0804 (800x565)
  1. 2018/05/07(月) 23:06:25|
  2. 幼児が学ぶ大切なもの~事例から~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蝶が飛び交う(?) | ホーム | 大多喜ハーブガーデン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3469-36054da4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)