園長ブタゴリラ☆ブログ

冬来たりなば春遠からじ(If winter comes , can spring be far behind?)

東日本大震災から今日で7年が過ぎました。このところマスメディアで取り上げられることが多いので、お気づきの方も多いと思います。
今でも色々な困難を抱えながら、生きている方もたくさんいると思います。またいまだに故郷に戻れない方もたくさんいらっしゃいます。
当日、私は船橋市内に出張した後で、船橋市内に着いてしばらくくしてから、地震に遭遇しました。すぐに園に連絡をとり(その時は携帯電話がつながりました)、園児の安否の確認や園の状況を聞き、怪我や園舎の被害はなく、また園バスも最後のコースが出発し、くまキッズ(預かり保育)の子ども達が残っていますとの報告を受けました。安堵して、会合場所まで行きましたが、交通網が止まり、船橋市内まで行けない人が出てきたため、急遽会合は中止になりました。
私も園に戻ろうとしましたが、JRや京成とも運転が中止しており、しばらく回復の見込みがないとの放送でした。その時点ではかなり大きな地震のために線路の安全確認が済み次第再開するだろうと思い、駅構内で待機していました。しかしそのころには園に電話で連絡してもつながらず、そのうち東北で大きな地震があったらしいと待っている人から聞かされて、旧式の携帯電話の私はワンセグが写らず、急遽テレビやパソコンが使えるマンガ喫茶店を見つけ、初めて入りました。
テレビで見ていると、思っていた以上に地震による被害や交通網の復旧が難しいため、しばらくは帰るのが難しいかなと思いながら、待っていました。幸い翌日が土曜日で、また園舎や園児も被害がなく、また家人の実家が市川市内なので、いざとなったら佐倉はともかく市川でしたら歩ける距離なので、覚悟していたように思います。
またマンガ喫茶店は泊まることもできることを知り、それでもいいかと安堵したように記憶しています。
夜、夕食をとるべく街に出ると、たくさんの人であふれかえり、また国道を列をなして歩いている人を見かけました。またコンビニエンスストアーはほとんど商品(特に飲食物)が売り切れていたようです。また駅の地下街にも待っている人であふれていました。
喫茶店でまんじりとしない一晩を過ごし、翌日の昼頃に運転再開したJRで帰宅しました。
当時は卒園式を控えており、また余震情報や計画停電またインフラの心配もあり、そうした対応で園を3 日間臨時休園してから、再開しました。
千葉県も津波による人的物的被害や液状化現象の被害がありました。
熊本地震もそうですが、日本はいつ天災があってもおかしくありません。子どもの命を預かる大切さを改めてかみしめたいと思います。

昨日、外出先の上野で見かけた夜桜です。
P1000657 (800x565)



  1. 2018/03/11(日) 14:52:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<じゃが芋植え | ホーム | だるまとともに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3415-5752a844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)