FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

音楽劇に向けて

今日の午後から佐倉市中央公民館で行われた立見流抜初演武大会を見に行きました。名前だけは知っていましたが、実際の武術を見たのは今日が初めてです。

立見流は佐倉藩表芸を刀術(居合 剣術)としながらも、俰(やわら・柔術)、鎗、長刀、棒、捕縄、四寸鉄刀(手裏剣)、物見(測量、和算)、集団戦闘法、弓、馬術など、戦国時代の戦闘体系の流れが包括されており、現在まで500年以上に亘り歴代の非凡な剣士によって厳しく伝承されてきた。
江戸時代には、譜代大名で幕府の要職を務めた佐倉堀田藩における藩外不出の武術として藩士教育の中枢にあり、堀田藩主をはじめ藩士の武芸として重視されてきた。
また幕末には、半澤成恒、逸見宗助、兼松直廉などの多くの名人を輩出するとともに、明治初期の警視庁流創設に関わるなど、現代剣道の源流のひとつとしても大きな役割を果たしてきた。
現在、伝書全15巻と関連古文書が完全に伝来されており、その体得と次代への伝承が行われている(千葉県無形文化財指定)。
(ウィキペディアより引用)

今日訪れた一番の目的は、緑組の音楽劇の資料として、園児たちが創作しているテーマに関連して何か参考になるものがあるかもしれないと思い見学をしました。ただそれ以上に今日の武術の凄さに時間をたつのも忘れて、すっかり見入ってしまいました。
音楽劇はクラス担任や曲を作る音楽講師の先生また舞台指導や演出で昨年退職して時々行事の時などに手伝ってくれるK先生達にお任せです。
私は特に相談されない限りは、予行練習が始まるまでは劇の練習を見ることはありません。それよりも劇にちなんだ資料蒐集や校外学習等の計画等裏方で支えていきます。これから劇発表会までの週末は、毎年のことながらそうした準備に費やされます。

DSC_0024 (800x535) - コピー

DSC_0031 (800x535) (2) - コピー

DSC_0030 (800x565)

DSC_0035 (800x535)
  1. 2018/01/28(日) 22:13:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1月誕生会 | ホーム | 一日入園及びガイダンス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3378-f3d480f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)