園長ブタゴリラ☆ブログ

暖飯器からのご挨拶

今晩は。いつもブログを読んでくださり、どうもありがとうございます。園長ブタゴリラに代わって厚く御礼申し上げます。早く僕たちのことを紹介して欲しいとお願いしていたのですが、多忙を理由になかなか紹介してくれません。でも理由は多忙だけではなく、色々と悩めることも多々あるようです。
推測ですが、ブタゴリラの家庭もこの季節同様木枯らしが吹き、寒さが厳しいらしく、早く帰宅しないように厳命されているようです。できれば園に布団持参で寝泊まりして欲しいオーラが出ている情報もあります。どうも音楽劇の作曲に精魂込めているらしく、昼間は日常生活音が聞こえるために深夜物音がしない中で、ひたすら全てを忘れて音作りに没頭し励んでいるようです。この時期はそのために昼夜逆転するようです。そうしたナーバスな中での曲作りの時に、ブタゴリラのあの騒々しい能天気な言動を見ているだけでイライラするのも納得です。暖飯器の僕たちからも音楽劇の曲つくりにエールを送ります。頑張ってくださいね。

話が横道にそれてしまいましたが、僕たちは3兄弟は11月半ばから3月末の終業の日まで園児たちのお弁当を温めるのに頑張っています。城南幼稚園は真冬でも外遊びが盛んですが、寒い中でたくさん遊んだ身体の強い味方は僕たち暖飯器です。
この季節には暖かな弁当は嬉しいものです。給食でも主食持参であれば暖かなご飯が食べられます。ご飯付きのお弁当にもおかずによりますが、温められないか試験中です。
僕たち3兄弟の内、2人(台)は同じ機種で後は違う機種ですが、用途は同じです。
名前から少し誤解を受けやすいのですが、保温を目的としています。また1台は保温・保冷機能があり、夏休みの長期預かり保育等にも食中毒を防ぐ意味でも保冷器としても使う時もあります。
通常の保温設定温度は60度~65度ぐらいに設定して保温しています。この設定温度は雑菌の繁殖が少なくお弁当が美味しい最適温度とされているからです。ちなみに保冷の場合は、通常温度は18℃くらいで、この温度はお弁当が美味しい最適温度になり、それ以下ですと冷たすぎて美味しく有りませんし、20℃以上は雑金の繁殖が盛んになるので注意が必要といわれています。
僕たちの役割はあくまでもお弁当を雑菌の繁殖しにくい温度で美味しく食べる為のものです。時間も最長で4~5時間が目安といわれています。
また保温器から弁当箱を取り出すときは温める場所にもよっては素手で持つには少し熱いため、軍手を使うときもありますが(もっとも火傷をするとかの熱さではありませんが)、取り出して教室で配るころには素手で触っても問題ない温かさです。

昨年は日本テレビで放映しているニュース番組「news every」の特集のコーナーで「レトロ&新鮮人気 愛される昭和スタイル」の中で、アルミ製造工場の一場面の中で取り上げてもらい、時間は2分半~3分ぐらいですが放映されました。主に昨年卒園した元年長組の園児達が弁当を暖飯器まで運んだり、保育室内の昼食風景が中心で、また女性のレポーターの方は持参した弁当を青組で食べていました。ブタゴリラ園長もインタビューされて「おかあさんの作ってくれた心の温かさと暖飯器の温かさが、より弁当が美味しくなり、子どもたちの心が温まる」と話したようです。その時のロケ風景が2017年2月22日付のブログに掲載しています。ご興味ある方はご覧ください。

普段は職員室に鎮座していますので、興味のある方は是非僕たちに会いに来てください。
これから3月まで子ども達に温かなお弁当を提供できるように頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
 
弁当は年少は先生と子どもたちで、年中や年長はその日の組当番4人で教室から職員室まで運んできてくれます。迎えるのは主に園の事務の先生です。
「○○組です、お弁当を持ってきました、お願いします」4人で挨拶を唱和します。
赤組
DSC_0027 (800x535) (4)

DSC_0036 (800x564)

青組
DSC_0040 (800x535)

運んできた箱の中はご覧のとおり弁当箱が入っていて、暖飯器に移します。
DSC_0030 (800x535)

弁当箱の表面に名前が書いてあり、室内で当番がそれぞれの子ども達に配ります。掲載した弁当箱には各自名前が書かれているために、画像加工して消去しています。
DSC_0031 (800x535)

DSC_0025 (800x535)

DSC_0049 (800x535)


お昼近くになると暖飯器から時々良い匂いがする時があります。
弁当のお迎えは、朝届けてくれた当番の子どもたちです。教室につくとその当番が配ってくれます。
「そろそろ冬支度かな」そんな思いを感じさせてくれる園の風物詩のようなものです。
取りに来てくれた当番と出迎えてくれるK先生。4人で箱を水平にして丁寧に運びます。大人のから見れば一見当たり前のようなことですが、皆で協力して中に入っている弁当を上手に運ぶことも大事な学びです。
黄組
DSC_0035 (800x535)

DSC_0053 (800x535)

DSC_0058 (800x535)
  1. 2018/01/18(木) 18:57:06|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・暖飯器からのご挨拶 | ホーム | 震災を忘れない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3370-757af105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)