FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

音楽を楽しむ

朝の体操として年中の表現を踊り終えた後、年中組と年長組は12月に行われる音楽発表会に向けて、合奏を楽しみました。昨日のライブコンサートではありませんが、人生に音楽があるのは生活に豊かな時間をもたらしてくれると思います。
本園の入園しおりの中にも「音楽教育を通して自らが感じ、自らが創造し、表現できる力を養う」と掲げています。
幸いありがたいことに常勤の音楽専任講師と非常勤音楽講師の2名の専門家が合奏や歌唱またリトミックなど保育の中で幅広い音楽の楽しさを園児達に教えてくれています。
先ずは好きになり、楽しむ気持ちを持つことが大切です。

音楽教育もできるだけ子どもに無理なく親しませながら、だらだらとやたらに時間をかけるのではなく、集中して短時間で教えるように心がけています。また年間の幼稚園教育要領の5領域のカリキュラムの中で、表現(音楽)の指導計画の中で年齢ごとの段階を踏まえながら2年間ないし3年間の中で、小学校の音楽の教科につなげるように指導していきます。そうした質の高い教育時間を過ごして欲しいために、様々な多種多様な楽器を揃えたり、曲のアレンジを工夫したりまた毎月のリトミックを通して音を聞き分けたり、自分を表現したりと、日々の保育の中でいつも音楽に親しむ環境を担任が留意したりと、講師の先生たちの助力とも相まって、充実させるようにしています。
その保育の中で学んだことを12月の音楽発表会として合奏や合唱で披露し、3月にはクラスごとに創作したあらすじと園オリジナルの作詞作曲をしたエンディングの曲を交えた音楽劇を発表します。入園説明会でも少し触れましたが、本園は学ぶことが好きな勉強好きな子どもたちになってほしいと願っています。

年長組の鍵盤ハーモニカの練習の様子
DSC_0112 (800x535)

DSC_0113 (800x535)

同じく年長組の木琴と鉄琴の練習の様子
短時間で集中してすることが大事です。夢中になって遊ぶことは、集中力を養います。
DSC_0116 (800x535)

DSC_0117 (800x535)

年中組のミュージックベルの練習の様子 少人数ずつ行います。
DSC_0120 (800x535)

  1. 2017/10/30(月) 22:57:58|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハッピーハロウィン | ホーム | 運動会にむけて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3300-6ba776d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)