園長ブタゴリラ☆ブログ

運動を楽しむ

連日秋晴れの気持ちが良い日が続きます。
昨日は某幼稚園の運動会にお招きを受けてお祝いに伺うとともに、勉強させていただきました。
また昨日は体育の日でしたが、人間にとって身体を動かすことは心身の健康面でもとても良いことだと思います。「生涯スポーツ」という言葉がありますが、年をとってもスポーツを楽しめる気概を持ちたいものです。
その運動(スポーツ)の最初の出会いは幼児期です。私も園児たちには身体を動かすことが好きな子どもになり、運動の楽しさを知ってもらいたいと思いますので、保育をするうえで運動面にも力を入れています。

また運動能力を高めたり伸ばしてほしいという願いがあります。そのため教育方針として、自由遊びの時間も大事にしています。
良く幼児教育の運動面で誤解されるひとつに外部から体育指導の講師を呼んで体育指導をしたほうが運動能力を伸ばしたり高めたりできるのではないかということが理由なき根拠として語られていますが、すでに論文等でそうした根拠がないことが実は実証されています。教育現場にいるとそうしたことは体験をとしてわかるのですが、幼児教育のエビデンスとしてこのブログを読んでいる皆さんにも知ってもらいたい思います。

それが子どもの最善利益にもつながります。おそらく小学校の教科としての体育の時間に鉄棒や飛び箱やマット等を行うために、親心として少しでも小学校に入学する前に早くやっていけばいいのではと思う気持ちがあるかもしれません。また失礼ながら親である自分が苦手で幼児期にそうした指導がなかったので、我が子にそうした指導をさせれば親の自分のようにならないのではという親の思い出や記憶という根拠から考える方もいらっしゃるかもしれません。そうした思いや経験を否定するつもりはありませんし、また子どもを思う親心もわからないでもありませんが、エビデンスによらない誤った情報に翻弄される今の社会の縮図の怖さを思います。

幼児教育である以上きちんとした根拠が必要ですし、園長だけの思いでやる怖さは自覚していかないといけません。「建学の精神」といえば聞こえはよいのですが、子どもを取り巻く社会(環境)が変化し、また脳科学など人間の能力が解明される中(例えば非認知能力の着目)でお題目のように変わらないのは、子どもにとっては不幸だと思います。
それは運動に限らず、幼児教育の様々な情報で感じる時があります。
以前にお話しましたが、本園は体育指導と称する時間はありません。学期に1回はそうした講師を派遣する会社から案内や営業の方が来園されます。そういう時は自由遊びの時間を見てもらうと、皆さん誰もが
「先生の幼稚園は必要ありませんね」「そういう時間がない幼稚園ほど体育指導を必要とされているんですよ」と話されます。同慶の至りです。

試しにインターネットで「自由遊びのほうが運動能力が高い」と検索されると根拠がきちんとでてきます。またお読みになると、なるほどと思われることでしょう。
東京学芸大学の杉原隆名誉教授の発表がわかりやすいし、納得されると思います。
そうした受け売りの情報で恐縮ですが、まとめると下記になります。
・体育指導はどうしても動きが限られる。
・自分で自発的に選べないし自己決定権がない。
・説明時間や他の子どもがする間に待っている順番の待ち時間が長い、その点自由遊びではそうした無駄な時間はない
・大人が決めるのと自分で考え決めるのでは意欲の育ちが違う
・身体を動かす神経回路を脳にたくさん作り、大人が持つ運動パターンをすべて習得する時期。例えば、跳び箱を頻繁に練習させると、動きが偏る。それよりいろんな動きを経験する方が脳には良い。
・動きの種類の豊富さの差。定められた運動を繰り返すよりも、好き勝手に鬼ごっこ・木登り・鉄棒・ジャングルジム・砂場遊び・秘密基地作り等.をしている方が、多くの種類の動きを経験できる。
・就学前の時期は「神経系型」の発達が急激に進む時期。体が様々な動きを習得するのに最も効果が上がるこのタイミングには、形の定まっていない自由な遊びこそが、最適。ちなみに、筋肉や骨格などの「一般型」は、少し遅れて中高生の時期に大きく伸びる時期を迎え、繰り返しトレーニングは、もう少し後の時期に取り組むのが効果的。

もちろん園児が自由に遊べる時間や環境また体を動かすのが苦手な子どもには担任が鬼ごっこや身体を動かす仲間遊びに誘ってあげる配慮は大切です。
また遊具は今流行りのシンボルタワーのような総合遊具よりもある意味シンプルな鉄棒、雲梯、ブランコ、登り棒などの単独な遊具のほうが断然身体を動かすし、発展性があります。園でもジャングルジムと滑り台をつなげるような形で遊んだりする光景を見かけます。幼児の動きは色々ありますので、その動きを時には助長できる遊具の考察も大事です。

「子どもは よく遊び よく学べ」昔からある格言ですが、いつの時代も根本は同じような気がします。

自由遊び時の雲梯での一風景~4歳児や5歳児が一緒になって遊んでいました、自分たちで身体を動かす楽しみを知ります~
DSC_0615 (800x535)

DSC_0616 (800x535)

DSC_0617 (800x535)
  1. 2017/10/09(月) 23:33:12|
  2. 幼児教育への思い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・運動会練習 | ホーム | 木製おもちゃ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3278-0544cfcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)