園長ブタゴリラ☆ブログ

木製おもちゃ

先日修理をお願いした木製のトラックが直り、戻ってきました。
私は本物の車についても詳しくないのですが、よく足回りが大事と聞いたことがありますが、おもちゃの車もやはり足回りが大事なような気がします。以前は木製の軸でしたが、耐久性を兼ねて軸は金属製です。
タイヤが木製なのが少し気になるのですが、使ってみて不具合があったら連絡してくださいとのことです。

幼稚園には色々なおもちゃがあります。ブロックなどはプラスチック製品でないとできないおもちゃもありますが、できるだけ木製品のおもちゃを購入するようにしています。ままごとで使う食材も木製品が多くあります。おもちゃは幼児期にはとても大切なものです。それだけに質の高いおもちゃを選ぶことはとても大切です。
幼稚園の絵本とおもちゃを見れば、その園も教育の質の一端がわかると言われるぐらいです。質の高いおもちゃはそれなりに値段もはりますが、飽きずにいつでも子ども達を惹き付ける力があります。

山砂の遊び場使用と室内で遊び使用の車達です。
檜の香りがただよいます。
DSC_0582 (800x535)

一番右側が新しく試作したトラックです。タイヤも木製ではなくプラスチックです。タイヤは交換できるようにしてあります。
荷台に土を乗せたりして遊べるようにしています。(山砂の遊び場にて)
DSC_0598 (800x535)

子ども達も早速遊び始めていました。
DSC_0606 (800x535)

DSC_0610 (800x535)

DSC_0614 (800x535)

色々な用途に合わせてたくさんの木製おもちゃがありますが、特に人気のあるおもちゃをご紹介します。
ブリオの汽車セット
手動ですが、何年経って色褪せないおもちゃです。自分たちでレールを組み立てたり、電車を走らせたりしながら遊んでいます。入園前に見学に来た子どもさんたちが玄関わきのホールにある関係で、このブリオの汽車セットで遊び始めてなかなか帰らず、おかあさんが困っている光景を見ると同情してしまいます。質の高いおもちゃは子どもたちを夢中にさせる力があります。
DSC_0522 (800x535)

常備している幼稚園が多いと思われる「カプラ」です。一見単純ですが、実に奥深いおもちゃです。
積み木のように組み立てたり、建築物をつくったり電車の線路のように並べたり等実に様々な遊び方ができます。各保育室に何箱かずつ常備しています。
DSC_0508.jpg

「キュボロ」と呼ばれる積み木のおもちゃです。ビー玉を通す道を作りながら遊びます。年中や年長の保育室に2箱ずつ常備しています。何年も前に購入しましたが、堅牢で丈夫なおもちゃです。創造性も育まれるようです。
DSC_0510.jpg

今日は3点ご紹介しましたが、いずれも高価なおもちゃですので、家庭で購入するには一考要するかも知れません。またカプラやキュボロのように一箱だけ購入するだけでももちろん良いのですが、遊びの広がりを考えた時によりたくさんあったほうが発展します。また友達と協同で作る喜びも味わえます。そういう観点からも本園でも子どもたちが協同でできるようにブリオ以外はキュボロやカプラはたくさんそろえています。
他にも用途に合わせて、木製おもちゃをはじめ様々なおもちゃを用意しています。
  1. 2017/10/08(日) 17:23:23|
  2. 幼児教育への思い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<運動を楽しむ | ホーム | ハロウィン風景>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3277-4e65c2b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)