FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

最後の夏休み

今日で夏休みもお終いです。明日からは第2学期始業の日です。
お恥ずかしい話ですが、このころになると小学校時代に夏休みの宿題で追われていたことを思い出します。毎年、夏休みが始まると、昨年の苦い経験を思い出し、早めに取りかかろうと思いながらも、「まだまだ先はあるし、大丈夫と」自分に都合の良いように言い聞かせ、結局苦しんでいました。「苦あれば楽あり」「楽あれば苦あり」の格言が身に沁みます。
その経験がありながらも、いまだに仕事を追うよりも、仕事に追われるという、相変わらず切羽つまった生活ぶりは治らず、いつもスタッフには迷惑をかけどおしで、さる方からの「生活(時間)に余裕がない人は、心が荒み、良い仕事ができないし、失敗ばかりする」というご宣託にもうなずくばかりです。

さて昨日、今日の2日間の休みを利用して、来年の音楽劇に係る資料蒐集に上州方面に副園長と出かけました。年中、年長組は自分たちで考えながら、組み立てていきますが、さすがに年少組は3歳児ですので、そこまではできません。
クラス担任の先生たちがそのクラスの子どもたちの様子を見ながら、創作劇を作ります。その時のテーマにちなんで劇の助けになったり、子どもたちが興味関心を持てるような資料をできうる限り集めるが、私の仕事です。夏休みの中旬にも出かけましたが、今回はあるテーマにちなんで、お寺やその背景を探るために行きました。今はインターネットでだいぶ調べられるのですが、現地に行くことでネット上ではわからないことや雰囲気を肌で知ることができますし、また写真を撮影し、劇が始まったら保育室内にも飾れます。
特に劇を作り出す冬の季節になると土日はそうした時間に費やされます。
昨年赤組で作った「温泉と黒卵」をテーマにした劇のために、箱根の大涌谷に黒卵を買い求めに行った旅の思い出は、一生忘れられないほど「愛とはなんぞや」を知った思い出深い旅になりました。詳細は「2017年2月27日付箱根大涌谷の黒たまご購入記」をご覧ください。

今回も精力的に資料を集めることができました。年少組のテーマについてはまだまだお楽しみにさせてください。
車での移動の時間も多かったのですが、合間に前から訪れてみたかった場所にも行くことができました。

富弘美術館
星野富弘氏の詩画作品は以前から著作等を読んで知ってはいたのですが、念願かないようやく訪れることができました。
氏の故郷である群馬県みどり市東町に建っています。
CIMG3107 (800x600)

CIMG3117 (800x600)

草木湖のほとりに立ち、上州の美しい山なみを眺められます。
CIMG3110 (800x600)

田中正造記念館。館林市に新しく移転しNPO法人が管理しています。ボランティアの方が懇切丁寧にガイドをしてくれました。
氏の生涯については城山三郎著『辛酸』でも有名です。
CIMG3152 (800x600)
  1. 2017/08/31(木) 23:47:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第2学期始業の日 | ホーム | 研修>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3236-64d2d653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)