FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

リトミックを楽しむ

今日関東地方も梅雨明けをしたようです。お蔭様でプール遊びも十分楽しむことが出来ました。反面空梅雨ということで夏の水不足が心配です。例年一日ぐらいは曇天でプールが出来ない日に実施する笹送りも、今年は天気が良くとうとうできずじまいでした。明日第一学期終業の日に行う予定です。
今日でプール遊びもお終いです。今度は8月の夏期保育で楽しみます。7月はこのブログでもお伝えした通り、1度しか園児達と入れなかったので、夏期保育に期待したいと思います。悲鳴や罵声をものとせず、心はひたすら真っすぐ「プール命」に燃えたいと思います。

昨日、今日の2日間、クラスごとに入れ替わりでプールと遊戯室でのリトミックを楽しみました。リトミックも5月、6月、7月と年間指導計画の中で毎月楽しんでいるようです。残念ながら昨日の桃2組のリトミックを少し見れただけですが、表情がずいぶん柔らかくなったように思います。入園して3か月、園生活にも慣れてきたようです。先ずは自分の気持ち(心)を身体を使って素直に心のままに動ける事が大事なように思います。

大人になると世の中の様々な不条理や欲望や煩悩に囲まれながら生きていかざる得ない時もあります。それはそれとして、でも物事を素直に見たり人から言われた時に素直に自分を振り変えることができる人は、まちがいなく成長できる人です。
長年たくさんのスタッフとご縁をいただく中で、保育者として伸びる人は間違いなく素直な人です。
「素直」という言葉は時には世の中で人心を欺き自己の利益や保身に長けている人から見れば、マイナスのイメージに思え、そうした書物も出ています。でも保育の世界に限らず真っ当な仕事であれば、「素直」はどの世界でも大切なことです。素直な人であれば本当の豊かさは心の豊かさとして生きていけますが、心が貧しい人ほどく物が豊かであることで心が豊かであると勘違いしがちです。

少し話がそれてしまいました。幼児期には自分の気持ちを素直に表現できる力を育みたいものです。
先生の目や大人の目を気にしすぎて、訳知り顔の大人びた子どもよりも、すこしやんちゃな子どもらしい子どもで過ごして欲しいものです。
大人の目から見て満足する小賢しい賢さよりも子ども自身で体験したことで学んだ賢さを身につけて欲しいものです。

各学年、それぞれが積み上げてきた中で、表現する力を身につけ楽しみ、子どもが子どもらしく育って欲しいものです。

桃2組
DSC_0090 (800x535)

DSC_0098 (800x535)

DSC_0101 (800x535)

DSC_0104 (800x535)

DSC_0106 (800x535)

DSC_0108 (800x535)
  1. 2017/07/19(水) 23:29:25|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第一学期終業の日&笹送り | ホーム | 夏野菜を食す>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3209-ef10a26a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)