FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

続・プール遊び(水遊び)

昨日は梅雨の晴れ間、全組でプール遊びを楽しみました。照り付ける太陽の下、水飛沫と園児達の歓声があがり、周囲の藤、キウイ、欅、柿の木々の緑に囲まれ、見上げると雲ひとつない夏の青空がひろがります。プールからあがった後は涼しい森のウッドデッキで着替えます。
プールの様子は前回のブログでお伝えしたとりですが、園としてプールについての方針を少しお話しさせていただきます。
ねらいは「水に慣れ、友達と一緒に楽しむ」ことが主です。プールの大きさとクラスごとに入る人数からして泳ぎを覚えるというよりも水遊びの楽しみを知ることがまずは一歩です。
先日のブログでもご紹介したように、3歳児ですと躊躇する子どもがまったくいないわけではありません。無理に入れず、プールの中で友達が楽しそうに遊んでいる様子を見ながら、徐々にプールに興味や関心を持たせ、自ら少し不安だが入ろうかなという気持ちを担任が察し声をかけながら、一緒に入ることで水遊びの楽しさを知ることが大事です。焦る必要はありません。そうした子どもひとり一人の気持ちの情報を私を含めスタッフ全員で共有できることが、こじんまりとした本園の良さのひとつだと思います。

プール遊びは楽しいものですが、水の事故は一瞬です。特に3歳児ですと滑って足を取られ、水を飲みこみ、そのまま溺れることで重大な事故につながりかねません。そのため必ずクラス担任がプールの中に入るのと同時に、別の職員がプールの外側から全体を見る配置にさせています。特にプールの中にいるスタッフはどうしても死角ができやすいので、そうした安全面の周知は徹底するようにしています。園によっては安全を重視するあまり、プールの水を子どものひざ下より浅い程度の水しか入れず、ワニのように腹ばいになって遊んでいる光景を見かけた事があります。諸事情はあるにせよ、なんともやるせないある意味子ども達を大人目線からの「子ども」とした考えのもとでのプール遊び光景のように感じました。また子どもは浅い水深でも溺れたり、重大な事故につながらないとも限りません。浅くしてあるから安心という慢心がかえって気を緩めることにもなりかねません。保育現場では常に緊張感をもつことが大事ですし、特にプールは気が抜けません。

本園のプール遊びについては従来から色々なマニュアルがありますが、最近連絡のあったスポーツ庁通達平成28年4月26日付「水泳事故防止について」や平成28年5月20日付消費者安全調査委員会の事故発生防止調査報告書が記載してある「幼稚園等におけるプール活動・水遊びなどを行う際の安全管理に係る実態調査結果について」も参考にしながら、今年も見守っています。後は実際の現場での園児達の動き特に3歳児の中で足元がおぼつかなかったり運動機能のバランスをみて、特に留意する子どもを特に見守る時もあります。
また入る人数や中に入っている職員の目配りも私なりに見て、注意する時もあります。そのため余程の所用がない時以外は園を不在にすることはありません。
スタッフで細心の注意を払いながらも、園児達にはのびのびとプール遊びを楽しんでもらいたいと願っています。

プールの入り方
プールに入る前に薬品(殺菌・消毒剤)の入った腰洗い槽(ベビーバスで代用)に入ります。
DSC_0038 (800x535)

次に温水シャワーで身体を洗い、プールに入ります。プールから出た後はやはりシャワ―で洗ってから、着替えます
DSC_0047 (800x535)

プールの事故は一瞬ですので、やはり気を抜けないのも事実です。必ず最低2人以上の職員で子ども達を監視しながら、安全を見守るようにしています。またプールの水は原則最大で2日間です。
1日目を使用したら、水を足して約半分ぐらいオーバーフローしながら入れ替えます。またそれと同時に濾過機を回します。
2日目に使用したら、プール内全ての水を流し、また新しく入れます。
DSC_0007 (800x535)


DSC_0060 (800x535)

DSC_0008 (800x535)

DSC_0002 (800x535)

DSC_0012 (800x565)

DSC_0013 (800x535)

プールは組み立て式ではなく据え置き型で循環式ろ過機を備えたプールです。
ヤマハ製全長約6m、全巾約3.5m、水深(最大時)52cm。




  1. 2017/07/07(金) 08:37:28|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<真夏日 | ホーム | プール(水遊び)開き>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3199-d94149da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)