FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

じゃが芋掘り

梅雨の晴れ間、全園児でじゃが芋掘りに行きました。今年の3月13日に昨年度年少組と年中組(現年中組と年長組)が種芋を植えた時の芋です。畑は園から車で15分くらいの大篠塚にある南図書館の近くにあります。
品種はキタカアリで70キロ約1400個の種芋を植えました。(3月14日付ブログに種芋の植えた風景を掲載)
年長組は5月の連休後のさつまいもの苗植えの時にも葉が生い茂ったじゃが芋畑を観察しています。
今年は小ぶりの芋が多かったようです。年少組は4株、年中・年長組は5株掘りました。
撮影は私が大バスを運転したために、主任のS先生とA先生にお願いしました。
種芋植えから収穫までを自分で体験することで植物の生育の不思議さを知ってもらえたらと思います。特に今は野菜がお店の棚に並び、実際の生育はわかりづらいだけに、実体験を五感を使って学んでもらえたらと思います。

年中組
DSC_0884 (800x535)

自分達の掘る範囲をあらかじめラインマーカーで区分けしておきます。じゃが芋の場合はさつま芋と違い、比較的畝から取り出しやすいようです。さつま芋は天候状態にもよりますが、地中に深く入り込む時があります。
DSC_0887 (800x535)

DSC_0890 (800x535)

DSC_0899 (800x535)

DSC_0888 (800x535)

DSC_0905 (800x535)

DSC_0912 (800x535)

DSC_0909 (800x535)

じゃが芋を掘り終えた後は、たらいに張った水で1から順番に手を洗います。汚れをたらいの順番ごとに落とします。
DSC_0921 (800x535)

掘り終えた芋を持参した袋に入れます。今年は例年にくらべると小ぶりですが、それでもまずますでしょうか。もっとも子どもは大人の思惑とは違い、芋の大きさの大小ではなく、自分の気に入った芋が愛おしく好きです。中には指の大きさぐらい芋が一番可愛くて好きという子どももいます。人間同様に芋もそれぞれに個性的です。味わい深く食べてあげたいものです。
DSC_0925 (800x535)

年少組
土を掘る経験はなかなかないだけに、土を掘る事に個人差もあったようです。
DSC_0934 (800x535)

DSC_0937 (800x535)

DSC_0940 (800x535) (2)

DSC_0939 (800x535)

年長組
5株では物足らないようで、経験があるだけに意欲的に掘っていたようです。
DSC_0946 (1280x856)

DSC_0947 (1280x856)

DSC_0952 (800x535)

素手で掘ることで土やじゃが芋の感触が分かります。そうした触感を経験させることが保育者の大事な視点です。
DSC_0954 (800x535)

降園時にそれぞれ掘った芋を袋に入れて持ち帰ります。
家事や育児でご多忙でしょうが、機会を見て食卓に我が子が掘ったじゃが芋を食材として活用していただけると、嬉しいひと時になると思います。私も子どもたちが小さい頃ヴィシソワーズを作った時に、何故か牛乳(クリーム)の分量を間違えて、薄味になり大変不評でした。それ以来いまだに冷製じゃが芋スープは鬼門で、作ろうとすると家族皆に嘲笑されます。食べ物の恨みは本当に恐ろしい。(笑)おとうさまがた、料理の際はどうか私の二の舞にならないようにお気を付けください。
DSC_0962 (800x535)

番外編
今年は試しにトウモロコシを植えました。収穫の頃に狸やハクビシンに食べられなければよいのですが。
CIMG2680 (800x600)

年長組が5月の連休明けに植えたさつま芋苗も順調に育っています。
CIMG2673 (800x600)
  1. 2017/06/29(木) 15:34:06|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お店さんごっこ | ホーム | 思いがけない贈り物~閲覧注意~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3193-b3af174e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)