FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

思いがけない贈り物~閲覧注意~

今朝、桃1組の室内のドア―の内側に卵をお腹に抱えた一匹の蜘蛛がいました。
朝出勤すると、担任のT先生が「園長先生、来てください」の声に呼ばれて行くと、アシダカグモが卵嚢をお腹に抱えています。
よく見ると、孵化した幼い蜘蛛が次から次へと出てきています。思わず「これは素敵な贈り物だね。登園した子ども達が見たら喜ぶよ しばらくこのままにしておこう。益虫だし」と話しました。
案の定、子ども達は興味芯々です。特に年長組の昆虫ずきな子ども達は嬉しそうです。もちろん苦手な子ども達は遠巻きに眺めています。年中組も声をかけたら見に来ていました。
しばらく皆で観察してから容器に入れて、職員室で保管していましたが、卵嚢から次々とあかちゃんが出てくるので、昼過ぎに園庭に親蜘蛛を放しました。
日本在来の蜘蛛で毒蜘蛛はいませんが、海外から荷物等と一緒に来た外国の蜘蛛の中には毒蜘蛛もいるのはマスコミ等で報道しているとおりです。ちなみにこの蜘蛛はハエやゴキブリを食べる益虫です。
蜘蛛の姿だけ見て誤解しないようにしましょう。昨日は園庭の木の蜂の巣を撤去しましたが、蜂は刺したり、重大な事故につながるアレギル―問題とも絡み、撤去しました。人間も自然界の一員であり、生態系を壊さずに他の生物との共存共栄が大切だと思います。おごることなく自然と上手に付き合っていくためにも、幼児期の自然体験を大事にしたいものです。

DSC_0885 (800x535)

DSC_0886 (800x535)

DSC_0896 (800x535) (2)


早速、昆虫図鑑で調べていたようです。
DSC_0903 (800x535)

職員室にも噂を聞きつけたのか、時々見に来てくれました。
DSC_0907 (800x535)
  1. 2017/06/28(水) 18:35:07|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<じゃが芋掘り | ホーム | 七夕飾りを飾る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3192-763625f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)