FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

さつま芋の苗植え

昨日11日(木)は初夏を思わす陽気の中、年長組2クラスで大篠塚に借用している畑にさつま芋の苗植えに行き、帰途山王公園で遊びまた昼食を食べる園外保育を楽しみました。

いつも畑を管理してくださっているUさんが最初に子どもたちに苗の植え方の説明をしてくださいます。
Uさんの一挙一動を熱心に見ていたようです。
DSC_0405 (800x535)

DSC_0396 (800x535)

DSC_0402 (800x535)

DSC_0400 (800x535)


品種は昨年好評だった「べにはるか」です。約1,100本植える予定です。
DSC_0414 (800x535)

DSC_0409 (800x535)

園児達はひとり4本ずつ苗を受け取り、植えました。
DSC_0415 (800x535)

間隔をおいて、早速「船底植え」という根を畝に斜めにさして、根の上に土をかぶせるようにして植えていきます。
思い思いのペースで植えます。一本ずつ丁寧に植える子どももいます。植え方ひとつにもそれぞれの子どもの性格がでるようです。
DSC_0418 (800x535)

DSC_0421 (800x535)

DSC_0420 (800x535)

DSC_0423 (800x535) (2)

DSC_0451 (800x535)

苗を植えた後は、隣接する今年の春に植えたじゃが芋の成長した様子を観察しました。
花はまだ咲かず、蕾でしたが、たくさんのてんとう虫を発見し、一喜一憂している子どもさんもいたようです。収穫するだけではなくこうした自分たちが植えた種芋から成長していく様子を観察する機会が畑を借りている利点だと思います。
もちろん観光農園で収穫だけした方が、コスト的には断然安いのですが、教育はコストだけで割り切る仕事ではありません。子ども達にとって良い教育をすればするほど、当然ながらお金はかかります。でも幼児教育はある意味一番大事な時期です。理事長の立場と園長の立場、一人二役なので悩まれているのではと思っている人がいたら、ご安心ください。答えはそんなに難しくありません。
DSC_0426 (800x535)

DSC_0429 (800x535)

DSC_0450 (800x535)

DSC_0445 (800x535)

DSC_0440 (800x535)

DSC_0441 (800x535)

DSC_0448 (800x535)

DSC_0443 (800x535)

DSC_0442 (800x535)

苗植えをした後は一路山王公園へ行き、ひとしきり新緑の中で遊んだ後、木陰でクラスごとに輪になって弁当を食べました。
気持ちの良い薫風がときおり通りすぎます。木々の緑がまぶしいくらいでした。
DSC_0456 (800x535)

DSC_0459 (800x535)

DSC_0464 (800x535)

弁当はこういう時にありがたいです。弁当は給食と違い、柔軟で融通が利き、利便性と機動性があります。今日の苗植えは昨日予定していましたが、雨で順延しました。仮に今日が給食でしたら、このように公園で昼食を食べる園外保育は難しかったと思います。新緑の気持ちの良い中、友達と一緒に皆で食べる昼食も弁当があればこそ、ご家庭のご協力に感謝します。
DSC_0466 (800x535)

DSC_0468 (800x535)
  1. 2017/05/12(金) 18:35:31|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<結婚披露宴 | ホーム | 身体測定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3146-878f6abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)