FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

春野菜を食す

今日は年長組で園の菜園で育った春野菜を収穫して、昼食時に年長組が味噌汁と胡麻和えを年中組は味噌汁を食べました。年中組は明日胡麻和えを食べる予定です。今回は年長組と年中組で食しました。年少組はもう少し園の昼食に慣れてきたら、改めて食べたいと思います。
年少組はまだまだ自分の弁当を食べることだけに懸命な様子です。もう少し慣れて、余裕が出来てからのほうがより美味しく食べれると思います。菜園にはまだまだ春野菜があります。
年長組が朝収穫して、土を洗い、調理は職員室の先生が中心となってくれました。
年中と年長組のクラスを様子を見に行きましたが、思いのほか食べていたようです。
菜園は元2525号(ワゴン車)を運転していたK先生が腕をいかして、季節にあわせて色々な野菜を育ててくれています。年長組は種蒔きや間引きに参加する時もあります。
自分達の生活している場にこうした菜園があることは、日々成長が観察でき、収穫して味わえるというまさに五感で学べる生きた教材(勉強)ですし、知的好奇心を育めます。幼児教育の場合は常々話すように幼児は何時も学んでいます。
生活そのものが学びですし、遊びです。
年長組は天気が良ければ明日は畑にさつま芋の苗植えに行き、帰途山王公園で昼食を食べる予定です。
情報化時代からこそ、幼児期は時には愚直なまでに五感を通した実体験を大事にしていきたいと思います。

原則無農薬有機栽培ですので、葉物には時には虫が食べた穴が開いている時があります。でもそれが無農薬の証です。
今日の献立はラディシュの味噌汁、小松菜とうまいなの胡麻和えです。
DSC_0394 (800x535)

DSC_0398 (800x535)

DSC_0401 (800x535)

DSC_0400 (800x535)

各クラスにNEOの図鑑シリーズを一通り揃えていますので、図鑑で調べるとより興味が持てると思います。図鑑は高価なのものですが、家庭でもできる範囲で、年齢や興味にあわせて手元に置いてあげると良いかも知れません。色々な出版社から様々な図鑑が出ていますが、私はNEOシリーズが一番良いように思います。子ども向けでも学術的にもきちんと整っているように思います。図鑑によっては子ども向けという名のもとに、媚びたようなどうかなという図鑑もないとはいえません。子どもに与える教材だからこそ、年齢を踏まえたうえで最良のものをあたえることが大事です。絵本も同じです。
DSC_0399 (800x535)

水で良く土(泥)を落とします。
DSC_0406 (800x535)

DSC_0413 (800x535)

料理する前に食材の説明をします。
DSC_0411 (800x535)

味噌汁は人気がありました。
DSC_0425 (800x535)

胡麻和えは多少好き嫌いがあったようです。
DSC_0432 (800x535)






  1. 2017/05/09(火) 17:19:22|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<身体測定 | ホーム | ウサギとの触れ合い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3143-682f9069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)