FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

ウサギとの触れ合い

今日は風薫る5月というよりも、初夏の装いです。
子どもたちは多少個人差がありますが、生き物が大好きです。園には小動物としてウサギを飼育しています。2014 年の5月に仲間入りして早3年目になります。当初は2羽いたのですが、1羽は残念ながら亡くなりましたが、もう1羽は元気に過しています。1羽で可哀想なのですが、他のウサギを入れるとけんかしてしまうので、残念ながらおひとり様です。
入園当初、園に馴染めなくて家を恋しがる子ども達をウサギに餌をあげに一緒に連れて行くと、ウサギを見て泣き止む子どもさんも多く、先生の役目を果たしてくれます。今でもウサギを見にいって餌をあげたりする子どもがたくさんいます。
今日も午後の自由遊びの時に園児達に連れられて一緒に訪問しました。タンポポの葉をあげましたが、美味しそうに食べているのをみて、子どもたちも嬉しそうに見ていました。
ウサギは本来穴を掘る習性があるようで、暑い夏や寒い冬などは土を掘った巣穴で休んでいるようです。動物園に行くと、小動物を触らせたり抱かせてくれるコーナーがある動物園もあります。幼児期にそうした経験も良い機会だと思います。以前はニワトリを飼育して卵を持ち帰らせていた時もあったのですが、鳥インフルエンザのこともあり、自粛しています。私の長年の夢は山羊を飼育してアルプスの少女ハイジの世界に浸ることです。さしずめ私はアルムおじさんでしょうか。
ただいまだに自分の頭上の蠅も満足に払えない人に山羊の飼育は無理でしょうと言われ、なかなか難しい状況です。以前スイスに行った時に放牧の牛(山羊)の首につけるカウベルも購入して準備も万端なのですが。時折眺めたり、鳴らしたりして、神の声のお告げを待つ日々です。

DSC_0395 (800x535)

DSC_0406 (800x535)

時々眺めてはハイジの世界に浸っています。(笑)
DSC_0400 (800x535)



下記の記事は幼稚園に仲間入りした時のこのブログで紹介した記事です。手のひらにのるぐらい、小さくて良くなついていました。
2014年5月26日の記事です。

今日から新しく仲間入りしました。4月に生まれたばかりです。2羽とも男の子です。
朝の集まりの時に紹介したら、子ども達は大騒ぎ、嬉しいやら見たいやら触りたいやらで、職員室前は大賑わいでした。
年長2クラスでそれぞれ名前を考えてくれるようにお願いしました。
身体が大人になるまで、しばらくはゲージで飼育します。どうぞよろしくお願いします。

2014-05-26 26年度5月24日、25日川和保育園、ウサギ 011 (800x600)

2014-05-26 26年度5月24日、25日川和保育園、ウサギ 016 (800x587)
  1. 2017/05/08(月) 17:37:01|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春野菜を食す | ホーム | 百花繚乱>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3142-5bb6fb2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)