FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

送別会

一昨日の卒園式の後、夕方から退職するスタッフの送別会を行いました。
愛する人を看取ったり支えたりするために、新しい生活の一歩を歩むためにとそれぞれに旅立ちます。昨年はご主人の転勤と出産で2名の退職がありましたが、それ以前は何年も異動がなかっただけに、もっとも理由があるとはいえ少しばかり残念です。
卒園式の後も、元保護者等が子ども連れで別れを惜しみに来てくれました。本当にありがたいことです。
また卒園式当日もたくさんの保護者の方から温かなお言葉をいただきました。
いつもお話しするように、そうした園の気風は子どもさんを通わせてくださる保護者の皆さんの温かなお気持ちがあるから、そうした雰囲気ができるのです。園児達はそうした空気の中で生活できることはとても素敵なことだと自負しています。

会ではなごやかに談笑しながらも、最後に退職するスタッフから惜別の言葉を話す頃から、しんみりとした雰囲気の中で、ときおりすすり泣く声が静けさの中で聞こえました。
私も惜別の言葉として「広い世の中で、これも何かの縁(園)で結ばれた仲間です、縁を大事にできない人は縁から見放される、大事にして欲しい」と話しました。
後を託された私たちで頑張って幼児教育に邁進することが、何よりのはなむけだと思います。
幸い新しい後任のスタッフもほぼ決まっています。世間では幼稚園教諭が足りない中、お蔭様で新卒も3名が10月末には厳しい就職試験を経て仲間入りをし(折角応募していただきながら、縁を結べなかった学生さんごめんなさない)、また兼務教員(パート)3名も経験豊富なベテランの方ばかりです。全員子育て経験者で、ご自身の子どもさんも本園を卒園させてくださっていて、園の教育方針や様子がよくわかっている方ばかりです。
また来年度からはより丁寧な迅速な対応ができるように事務専属の職員を増やす予定です。お蔭様で8名の応募があり(まだ増えそうなので、いったん打ち切り)最終選考の段階です。
園バス運転手も4名の面接や問い合わせがありましたが、子ども達の命を乗せて走るだけに、誰でもという訳にはいかず、まだ選考中です。

退職する皆さんの益々のご健勝と末永い幸せを祈ります。「いつも にこにこ お元気で」

CIMG2017 (800x600)
  1. 2017/03/20(月) 13:56:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<平成29年度新学期に向けて | ホーム | 平成28年度第52回卒園式>>

コメント

この度卒園させていただきました保護者です。
先生たちの教員生活の中では三年間という短い期間ですが、温かな先生方と関われたことは親子共に素晴らしい時間でした。
退職されてしまう先生方がいらっしゃるのは寂しいですが、
卒園生同様、新たな生活でご活躍されることを願っております。

本当に城南幼稚園に我が子が通えてよかったです。
子供が毎日目一杯楽しんで遊んで帰ってくる生き生きとした顔が大好きでした。
先生方、お友達、園の自然、生命、すべてにありがとうございました。
目に見えて我が子がいろいろな人や物に関わることで成長したことが分かりました。
また親子でお邪魔させてください。
  1. 2017/03/21(火) 07:40:00 |
  2. URL |
  3. 卒園生保護者 #-
  4. [ 編集]

「卒園生保護者」さん、今晩は。コメントをお寄せいただき、どうもありがとうございました。
温かなお言葉をいただき、送別するスタッフにとっても励みとなるはなむけのお言葉、また残るスタッフにとっても勇気づけられるお言葉に感謝しています。
子どもさんが日々楽しく通園してくださったお話を聞くと、幼稚園冥利に尽きるとともに身が引き締まる思いです。幼稚園(学校)は本来楽しいというのが原点だと思います。楽しいにも色々な視点や考え方がありますが、やはり園児達が園生活の中で主体的な生活が保障されていることも大きいと思います。自ら考え、学び、友達とかかわりながら遊べる(学べる)環境を子ども自身で理解できる生活だと思います。だからこそ、子ども達は子どもらしい生き生きとした姿を見せてくれます。
先生に言われたことや決まったカリキュラムをこなすだけの園生活だけでは、子ども自身の内面から生まれる喜怒哀楽は生まれません。
コメントでお書きになられた「先生方、お友達、園の自然、生命」のお言葉こそが、子ども達にとって幼稚園生活の大事な要素です。それだけに「すべてにありがとう」というお気持ちは嬉しく思います。
それにもうひとつ「保護者」の存在があります。先日のコメントでも「園の空気」として、お話させていただきましたが、園や子どもさんを温かく見守っていただける保護者の存在も大きく大切です。建設的な意見は別として、単なるクレームや無責任な事実と違うことへの口コミなどへの投稿が時には園の姿勢を揺るがしかねません。大方は聞けば誤解だということがわかるのに、わざと聞かないか聞けないことへの陰湿な嫌がらせだと思います。SNSによる匿名投稿への弊害です。私自身は在園生は匿名でなければ、質問にはきちんと誠実にお答えしてきたつもりです。他の方は掲示板で問い合わせていただいています。(在園生は掲示板の利用は原則ご遠慮いただいています)
「卒園生保護者」さんをはじめ、ご理解され見守っていただける保護者の皆さんの存在も、子どもさんが園生活を送るうえでとても大事なことだと思います。

何時でも親子で遊びにいらしてください。平成29年度の年間行事予定も4月中にはHPで掲載する予定です。
運動会やオータムフェスタをはじめ卒園生がたくさん来てくれることも、本園の自慢です。年に何人かは社会人になってもふらっと遊びに来てくれます。嬉しいことです。そういえば今日も寺崎小の新6年生が久しぶりに遊びに来てくれました。「園長先生、相変わらずほくろパンがあるのね」と可愛い台詞を残していきました。(笑)
卒園生保護者の子どもさんのご成長をはじめ、ご家族皆様のご健勝とご多幸を祈ります。またお気づきのことなどありましたら、コメントをお待ちしています。どうもありがとうございました。

  1. 2017/03/23(木) 02:08:04 |
  2. URL |
  3. 佐倉城南幼稚園・園長 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3113-f8069325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)